画像: MIYAVI「すごく意義ある」グッチのグローバル広告キャンペーンに起用

MIYAVI「すごく意義ある」グッチのグローバル広告キャンペーンに起用

サムライギタリストこと、ミュージシャンのMIYAVIが、世界なファッションブランド「グッチ」のグローバルキャンペーン「Gucci Off the Grid collection」(グッチ オフ ザ グリッド コレクション)の広告キャンペーンに起用されたことが分かった。日本人がグローバルキャンペーンに抜擢されたのは初。MIYAVIは、「コロナ、人種差別、難民問題...今、「人と人との繋がり方」そして「地球との向き合い方」を改めて考えるフェーズに来ていると感じます。今回、そういった世界が抱える問題にファッションの力で向き合おうとしているGucciの皆さんとご一緒できることを光栄に思います」。
ブランドが発信する環境へ及ぼす影響を配慮したサステナブルなコレクション。ナイロンの端材や廃棄物を原材料とする再生ナイロンECONYLをはじめ、再生素材、オーガニック素材、バイオベースの持続可能な原料による素材を使用した、ジェンダーレスなラゲージ、アクセサリー、シューズ、ウェアから構成されている。
広告キャンペーンには、MIYAVIのほか、女優で活動家のジェーン・フォンダ、ラッパーのリル・ナズ・X、シンガーソングライターのキング・プリンセス、環境保護活動家で冒険家のデヴィッド・ド・ロスチャイルドが名を連ねている。MIYAVIは、ギタリスト、俳優としてだけでなくUNHCR 親善大使を務める活動家でもあるのことも起用理由のひとつ。
MIYAVIは、「今回の再生ナイロンやバイオベースなど持続可能な原料によってつくられたコレクションも、これからのファッションの在り方として、すごく意義のあるものだと感じています。音楽家として、被写体として、人道支援活動家としても、ベストを尽くし、務めさせていただきたいと思います」
ブランドのクリエイティヴ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ氏は「このコレクションは、チームワークの賜物です。皆が参加して完成させました。人々が対話しながら何か新しいものを創り出すというアイデアは、広告キャンペーンにも活かされています。公園で遊ぶ子どもたちのように、 皆でいっしょに、大都会の真ん中にツリーハウスを作りたいと思ったのです。なせなら私たちは、自然を忘れてしまったり遠く離れてしまっても、このツリーハウスのような居場所を作り、地球という自然の存在を知る必要があるからです」とコメントを寄せている。
コレクションは6月30日発売。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.