画像: 意外と知らない?「日焼け止め」選びと上手な使い方 皮膚科専門医に聞く【後篇】

意外と知らない?「日焼け止め」選びと上手な使い方 皮膚科専門医に聞く【後篇】

気になる肌年齢の老化「光老化」は、日焼け止めを使うことで予防できるという。では、日焼け止めを選ぶ際に決め手となる数値の意味や上手な使い方は? 「Dクリニック」総院長で皮膚外来専門医でもある川島眞先生に、「光老化」を予防するための効果的な「紫外線」対策について聞いた。
日焼け止めのSPFやPAといった数値にはどのような意味があるのでしょうか?
川島眞(以下、川島)「紫外線のUVAとUVBのうち、SPFはUVBをどれだけ防御できるか、PAはUVAをどれだけ防御できるかを示す数値です。この数値が高ければ高いほど効果が高く、SPFでは50+、PAでは++++が一番紫外線を防御する力が強いことになります。日常生活で外出はするけれど長時間日光に当たらない場合は、SPFでいうと15、PAでいうと+の効果があれば光老化を予防できるというデータがあります。外で運動やスポーツ観戦をする場合にはもっと高い数値、SPA50+やPA++++を使用したほうがいいでしょう。忘れがちなのですが日焼け止めは汗で流れてしまったり、塗った後に手で触れて取れてしまったりするので、数時間おきや休憩のタイミングなどで塗り直しが必要です。
日焼け止めは塗った段階で効果を得たい数値を目安に選ぶと思うのですが、たとえばSPA20、PA++のサンスクリーン剤があったとして、これを塗って数値通りの効果が得られるかと言ったら必ずしもそうではありません。どういうことかと言うと、実はSPFやPAの数値を決める際に塗る量は、JIS規格で1平方センチメートルあたり2mgと決まっています。この量を塗った時に初めてSPF20、PA++の効果があるのですが、市販のサンスクリーン剤を一般の方にいつも通り塗ってもらうと、塗りやすいジェル基剤の製品でも1平方センチメートルあたり1mg程度、つまり半量程度しか塗っていないのです。スプレー剤など塗りやすいタイプのものでも、片腕で10秒程度、液剤が垂れてくるくらいにかけないと表示通りの効果は得られません。
ということは、SPF15、PA+の効果を得たい場合は、大体その倍の数値の製品をやや厚塗りにしないと効果が出ないのです。これは非常に大事なことなのですが、SPF50のサンスクリーン剤を塗っていても、通常の塗り方であればおそらくSPF25〜30まで効果が落ちてしまいます。よほど厚塗りにしないと安心できないと考えてください」
それはまったく知りませんでした。自分が考えているよりも厚く塗らないと、数値通りの効果が得られにくいのですね。
川島「そうですね。ですから思っているよりも厚塗りすること、できれば二度塗りや重ね塗りすることが重要です。スプレー剤は日焼け止めジェルやクリームを塗った上から、または塗り直しの時などに補助的に使うと考えたほうがいいと思います」
では、日焼け止めの効果的な塗り方のポイントを教えてください。
川島「厚塗り・重ね塗り・塗り直しの3つのポイントに気をつけて、自分の感覚ではこんなに塗るのかという量を塗るものだと覚えておいてください。たとえばクリームや乳液、ジェルなどを塗った後にティッシュを1枚つけて、落ちない程度の厚さは必要です。一度やってみて『こんなに塗らないといけないんだ』という感覚をつかめば、次からはきちんと二度塗りや重ね塗りを行えるのではないでしょうか。
また、塗った後は手のひらに3〜4割のサンスクリーン剤が残ってしまいますね。『M式塗布法』といって、サンスクリーン剤を手の甲を使って塗り広げれば、一切無駄にすることがありません。塗り方を解説した動画も公開していますので、ぜひ参考にしてください」
「紫外線」を浴びた後のケア方法を教えてください。
川島「日焼け止めを塗ったけれど日焼けしてしまった場合、皮膚が赤くなって痛みがある時は火傷と同じですので、冷やしてからひと晩ゆっくり休んで、その後の光老化を予防する食事やサプリメントを積極的に摂りましょう。光によって起こる皮膚の酸化がシミやシワにつながるので、酸化を抑制する食品、身近な抗酸化物質だとビタミンCを摂ることが大切です。
海水浴などで水ぶくれや顔や背中がパンパンに腫れてしまった場合、皮膚の炎症で血液中の水分が取られて脱水状態となっています。そういった場合は水分の補給をすることと、症状に合ったステロイド外用剤を処方してくれますので、自宅でケアしようとせず、早めに皮膚科を受診してください」
(了)
「Dクリニック東京メンズ」
【URL】https://www.menshealth-tokyo.com/skincare/
「Dクリニック東京ウィメンズ」
【URL】https://www.womenshealth-tokyo.com/skincare/
「M式塗布法 〜サンスクリーンの効果的な塗り方〜」
【URL】https://www.hikari-rouka.org/m-method/
気になる「紫外線」の基礎知識と「光老化」とは? 皮膚科専門医に聞いた【前篇】
https://www.tokyoheadline.com/501523/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.