画像: 対戦する堀井と金子が異例の合同公開練習。最後はカメラボクシングで前哨戦【6・28 Krush.113】

対戦する堀井と金子が異例の合同公開練習。最後はカメラボクシングで前哨戦【6・28 Krush.113】

金子は変形頭突きを解禁
「Krush.113」(6月28日、東京・新宿FACE)で対戦する堀井翼(K-1ジム五反田チームキングス)と金子大輝(K-1ジム大宮チームレオン)が6月18日、都内で合同の公開練習を行った。対戦者同士が試合前に合同練習を行うのは極めて異例のこと。堀井がSNSで呼びかけたことから実現した。
堀井は今大会から所属がK-1ジム五反田チーム・キングスに変更。1階級下げてライト級での参戦となる。現在、不可思、山崎秀晃という格上の選手との戦いが続いており、3連敗中。魅せる試合が続いているものの、ここは正念場の一戦となる。
対する金子はミャンマーラウェイ王者の実績を引っ提げK-1参戦を果たしたが、K-1王者の林健太にKO負け。1月大会では里見柚己にも敗れ、2連敗。なんとしてもK-1グループでの白星が欲しいところとなっている。
最初にリングに上がったのは金子。2分間のミット打ちではオーソドックスなパンチやミドルキックを披露したかと思えば、途中からバック宙からのパンチ、あん馬の横向き旋回からの水面蹴り、側転からのキックと体操出身ならではのトリッキーな技を披露。ミャンマーラウェイでは認められている頭突きを生かすべく相手の頭と自らの頭にグローブを挟んでの変形頭突きまで披露した。
堀井はダイビング頭突きを披露
リングサイドにどっかりと陣取りこの様子を眺めていた堀井は険しい表情。そしてリングに上がるとこちらも2分間のミット打ちを行った。序盤はパンチのコンビネーションに強烈なミドルやヒザを打ち込むなど通常のミット打ちを披露したが、残り1分の合図から不思議な動きを見せ始める。
ミットを持つ尾崎トレーナーがローブローの素振りを見せると腰を前後に振って、それを回避してからのハイキック。ちなみにミャンマーラウェイでは急所打ちが認められている。
そして今度は尾崎トレーナーが構えたミットに向け、体をピンと伸ばした見事なフォームで頭突きを打ち込んでからパンチのコンビネーション。最後はロープに飛んで“堀井ロケット”とでもいうべく見事なフォームのダイビング頭突きでミット打ちを締めくくった。
ジェントルマンの金子に対しいらいらモードの堀井
練習後には揃って囲み取材に応じるというこれまた異例の展開。
金子が「やってきたことを見せさせていただいた。堀井選手のすさまじい腰遣いに圧倒されました。堀井選手のコンディションは最高だなと思った。あんな腰遣いは初めて見ました」とジェントルマンな態度を見せる一方、堀井は「練習を見た感じ、なめてると思った。あとは“弱い”というだけ」とハナからいらいらモード全開。
金子がこの日の動きについて「体操の技とミャンマーラウェイの奥義を合体させた技。今日やったのはラウェイサイクロン、ラウェイボンバー、ラウェイ少林寺。これからあの技でKOしてどんどん定着させていけたらと思っている。頭突きはラウェイの爆弾。ラウェイボンバーです」などと話すと堀井は「おちょくってるのかな? ケンカ売っているのかな?と思った。ラウェイなんとかとか知らねえけど、俺は喧嘩でぼこぼこにしてやりてえとしか思わなかった」といらいらは募る一方。
切れた堀井が「カメラボクシングで勝負しようぜ」
とことんまで好対照な2人だったが、金子の「皆さんご存じのラウェイサンダーでKOしたい」という言葉についに堪忍袋の緒が切れた堀井が「お前さっきからさ、ラウェイサンダーってなんだよ? おちょくってるのかよ、俺のこと」と激高。そして「ここで喧嘩するわけにいかねえから、カメラボクシングで勝負しようぜ」とまさかの提案。
前哨戦として「カメラボクシング」で対戦することとなった。カメラボクシングというのは人気youtuberフィッシャーズが考案した競技で、一定の距離で互いにスマホを構え、上体を揺らすなどして、相手に撮られないように逃げながら、相手の写真を撮るというもの。かわしながら両目と口が判別できる写真を撮れていたら1ポイントで、ポイントが多いほうが勝ちとなる。
この堀井の対戦要求を金子が飲んでカメラボクシングがスタート。結果は5-3で金子が前哨戦を制し、堀井は捨て台詞を残して退場。
果たして本番はどちらに凱歌が上がるのか...。
ちなみにこの公開練習からカメラボクシングの模様はK-1のオフィシャルYouTube channelにアップされる。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.