画像: 【徳井健太の菩薩目線】第65回 現地時間朝5時、米国からも参加者が。『スナック吉本』でママをやってみた話

【徳井健太の菩薩目線】第65回 現地時間朝5時、米国からも参加者が。『スナック吉本』でママをやってみた話

“サイコ”の異名を持つ平成ノブシコブシ・徳井健太が、世の中のあらゆる事象を生温かい目で見通す連載企画「徳井健太の菩薩目線」。第65回目は、『スナック吉本』での体験について、独自の梵鐘を鳴らす――。
去るコロナ禍。
俺は、「『スナック吉本』~あの芸人がオンラインスナックのママに~」 に参加した。吉本芸人とそのファンが、オンラインで一緒に呑んだり語り合う場で、先着数名ほどのチケット購入者を対象に、俺たちがママになる――。
購入者の多くが、芸人ファンだと思っていた。ところが、ふたを開けると芸人好きというよりも、オンラインサロンに関心を抱いている、といった人がほとんどだった。少なくても俺のケースは。
この企画を運営する吉本のクラウドファンディングサービス『silkhat』は、西野(キングコング)が考案したものだ。彼は、ことあるごとに「芸人さんはすごい」と喧伝しているから、彼を介して『スナック吉本』に興味を持った人も多いのだろう。中には、おそらく俺のことをあまり知らないだろう参加者もいて、当初抱いていたイメージとまったく違う環境を前にして、妙な緊張を感じたほど。「芸人から何かを吸収したい」といった熱を感じたもんだから、果たして俺なんかから得るものがあるのだろうか、と。
何を話していいか分からない。というわけで、俺の思想を垂れ流した。傍から見たら、レジスタンスの集いだよ。もちろん、各人の自己紹介やどんな職種なのかも聞いた。詮索しすぎないように常識の範疇で。教育関係、医療関係、飲食関係など多岐にわたる参加者たちから、コロナ禍の現場の話も聞かせてもらった。俺にとっても、学びのある時間だったと思う。
参加者の一人は、米国から現地時間の朝5時にアクセスし、参加していた。なんでもアメリカ人である旦那さんが競輪に興味があるらしく、俺が競輪の仕事をしていることを話し始めると、突然、旦那さんらしき男性が画面外から「ケイリン!? ケイリンのことを聞いてくれ」 的なカンバセーションを始める、といった一幕もあった。競輪きっかけで俺に興味を持ったのかと思いきや、奥さんは俺が競輪の仕事をしていると知らなかった。一体、どういう理由から米国の朝活の場に、俺のスナックを選んだんだろう。アメリカは多様だ。こんなことはオンラインでしかありえないわけで、新鮮な経験だった。
念じながらカードを混ぜるタロットは人生そのもの
スナックだと思っていたらサロンだった。お酒を片手に放談しているから、スナックと言えばスナックか。とは言え、俺も気になることがあれば参加者に話を振ってしまうから、彼ら彼女らはお酒を飲めない。厳密にいうと、お酒を取りに行くタイミングがない......ことに、気が付いた。回を重ねるごとに慣れてきたものの、はじめは勝手が分からずに非スナック化していたことに申し訳なさを感じたよ。90分で缶ビール1缶しか空けられない――。修験者じゃないんだから。いや、みんな、現代特有の胸の内を語っていてくれたから修験者なのかもしれない。
もう一つ、俺は『silkhat』内で、「タロットカード初心者徳井健太の実験台になってみませんか?」なんてことを、やらせていただいている。「実験台になってみませんか?」と謳っているとは言え、お一人様6000円、恐縮の至りである。何がぼったくりなのか、俺自身も分からないんだ。
タロットは念じながらカードを混ぜる。
“念じながらカードを混ぜる”、それはもう、人生そのものだと思う。念じながら混ぜて、カードを引く。裏か表かで決まる。人生なんて、そんなもんさ。
「タロット占いは初心者でもできるのか?」と問われれば、説明書が付いていたんだからできるんだろう。初心者が占うことに疑問を持つのではなく、説明書があることを疑った方がいい。悩みのある人がいれば、俺は耳を傾け、菩薩目線で相談にのるだけだ。そこにタロットカードがあるかないかだけの違い。オンラインではあるものの、声だけの参加も可能だから、『スナック吉本』とは違う“オンライン悟り”があると思いたい。
カードの意味が分かれば、あとはどう解釈するか。カードの意思を、俺の考えに重ねる。タロットカードの新解釈。疑いの目を向ける人は、ぜひ俺の実験台になってほしいな。
【プロフィール】
1980年北海道生まれ。2000年、東京NSC5期生同期・吉村崇と平成ノブシコブシを結成。感情の起伏が少なく、理解不能な言動が多いことから“サイコ”の異名を持つが、既婚者で2児の父でもある。吉本興業所属。
公式ツイッター:https://twitter.com/nagomigozen
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC-9P1uMojDoe1QM49wmSGmw

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.