画像: 渋谷が地鶏天国に?「地どり屋つかだ」ほか「つかだ」ブランド続々オープン

渋谷が地鶏天国に?「地どり屋つかだ」ほか「つかだ」ブランド続々オープン

国産地鶏にこだわったメニューと「名刺システム」など独自の接客で知られる居酒屋チェーン「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニーが20日、渋谷に地鶏の価値を再定義する旗艦店「地どり屋つかだ」をオープンする。「渋谷スクランブルスクエア」や「渋谷フクラス」、新生「渋谷PARCO」など大型商業施設の開業で大人の街に変貌を遂げる渋谷の街に、“違いの分かる大人のための塚田農場”をコンセプトとした新店舗を軸に、同日オープンで佐藤可士和氏プロデュース2店舗目となる「焼鳥つかだ 渋谷店」、15日から営業中の「新しい生活様式」を見据えた新業態「つかだ食堂 渋谷南口店」が顔を揃えた。徒歩1分圏内で回れる各店の特長とおすすめメニューをレポートする。
「地どり屋つかだ」
創業からこだわり抜いた地鶏の価値を伝えるため、既存の「塚田農場」ではない新ブランドとして立ち上げた「地どり屋つかだ」。この日はコース料理の先付けである茶碗蒸しと、手羽餃子、地鶏サムゲタン、ひとくちチーズケーキを試食。プレミアム卵「塚だま」を使った茶碗蒸しには、手羽先の先端から取った透明な出汁がかけられ、塩だけの味つけとは思えない濃厚な旨みが詰まっている。手羽餃子は自社加工場で骨を取り除いた手羽先に、ジューシーな餡を詰めて丁寧に焼き上げた。おすすめメニューの地鶏サムゲタンは、コラーゲンたっぷりの地鶏出汁とナツメやクミンなどの薬膳スパイスで、口の中でとろけるような手羽先の味わいが絶品! 最後にさっぱりしたひとくちチーズケーキで口直しもできる。
新店の店長を務める羽田さんは「もともとの予定が『緊急事態宣言』で延期となって、このたびようやくオープンを迎えることが出来ました。料理が主役ということで店内の中央にオープンキッチンを配し、希少な部位をさまざまな調理法で提供する店舗です。『地どり屋つかだ』を通してお客様に改めて地鶏の魅力を提案してまいります」といい、最後に「安くて良いものがたくさんある渋谷で、食事をするなら『地どり屋つかだ』と思われるような接客と料理を目指したいです」と意気込んだ。
「地どり屋つかだ」
【住所】東京都渋谷区道玄坂2-6-1 渋谷岩崎ビル3F
【電話】03-5456-6277
【営業時間】17〜22時 ※当面の間
【URL】https://www.tsukadanojo.jp/jidoriya/
「焼鳥つかだ 渋谷店」
クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏プロデュースで2018年、中目黒にオープンした「焼鳥つかだ」の2号店が「焼鳥つかだ 渋谷店」。せっかく自社養鶏場で育てた地鶏「みやざき地頭鶏(じとっこ)」を、居酒屋業態とは違うアプローチで届けたいという思いからスタートしている。「大人の入り口」をコンセプトに、おいしい食材をカジュアルな価格で提供しつつ、お酒も楽しめるのがポイント。試食した希少部位のふりそでは、パリッと焼けた皮と脂ののった肉の旨みのハーモニーが味わえる。しっかりした肉質のももは、噛むたびに口の中で滋味が広がる地鶏らしい逸品。地鶏が入った月見つくねは、弾力のある歯応えにプレミアム卵「塚だま」のコクのある黄身が絶妙にマッチ。
奥の個室には大型モニターが備えられ、少人数でのスポーツ観戦や打ち合わせの会食にもぴったり。エー・ピーカンパニーの大谷さんは開店に向けて「渋谷という土地で本物の味を楽しんでいただけるお店を目指していますので、渋谷にお立ち寄りの際はぜひ足をお運びください。アフターコロナの状況となりますが、衛生環境を整えてお待ちしています」とメッセージをくれた。
「焼鳥つかだ 渋谷店」
【住所】東京都渋谷区道玄坂1-6−8 楠本第2ビル2F
【電話】050-3160-6905
【営業時間】月〜土:17〜23時30分(L.O.22時30分)、日・祝:17〜23時(L.O.22時30分)
【URL】https://www.yakitori-tsukada.jp/shibuya/
「つかだ食堂 渋谷南口店」
「緊急事態宣言」に伴う営業自粛中に、既存の「塚田農場」から食堂業態に転換を図った「つかだ食堂 渋谷南口店」。今後は居酒屋業態での宴会需要が見込めなくなることから、これまでの知見を生かせる食堂業態でさまざまな客層へのアプローチを目指し、15日からパイロット運営をスタートさせた。エー・ピーカンパニーが培った「生産者直結」モデルから、地鶏をはじめ鮮魚や野菜、ホルモンなど選り抜きの食材が集結。「飲める食堂」としての利用も可能で、夜の部でもお通しや席料の設定はなく、好きなおつまみやご飯セットを組み合わせ「ちょっと一杯」が楽しめる。
ランチでおすすめのつかだ食堂の小鉢御前は「塚田農場」の若どりのチキン南蛮や地鶏みそ、「四十八漁場」から越田商店のもの凄い焼き鯖や刺身など、独自の流通網を駆使したまさに「いいとこ取り」定食。エー・ピーカンパニーの小林さんは「これまでの居酒屋業態の際はいらっしゃらなかったお客様からも好評で、いろいろなお客様に楽しんでいただけるお店となっています。今後も『つかだ食堂』ならではの付加価値を目指し、ブラッシュアップを重ねていけたらと思います」と展望を語った。
「つかだ食堂 渋谷南口店」
【住所】東京都渋谷区道玄坂1-3-11 一番ビル2F
【電話】03-5459-4080
【営業時間】昼の部:11時30分〜15時、夜の部:16〜22時
【URL】http://www.apcompany.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.