画像: Tリーグの松下チェアマンが退任を正式表明。「完全燃焼。今となってはいい思い出しかない」

Tリーグの松下チェアマンが退任を正式表明。「完全燃焼。今となってはいい思い出しかない」

日本卓球協会との連携強化へ向け後進にバトンタッチ
卓球Tリーグの松下浩二チェアマンが6月22日、正式にチェアマンを退任することを表明した。
松下氏については6月17日に一部メディアで退任の意向であることが報道されていた。
この日、Tリーグでは理事会を開催し新理事候補を選出。7月8日の社員総会で承認された後、理事の互選で新たなチェアマンが決定する。
松下氏は現役時は日本初のプロ卓球選手として活躍。4度のオリンピック出場を果たし、日本人選手として初めてブンデスリーガでもプレーした。2009年の引退後、日本卓球協会の理事に就任。2017年にはTリーグの専務理事に就任し、リーグ発足に尽力。2018年7月に初代チェアマンに就任した。
松下氏は理事会後に行われたオンラインによる囲み取材で「この2年の間、一生懸命やらせていただき、一定の成果を上げることができたのではないかと考えている。これからのTリーグの発展を考えるにあたり、日本卓球協会との連携についてもよりいっそうの強化が必要。2シーズン目までは立ち上げフェーズととらえて邁進してきたが、3シーズン目からは事業成長フェーズと考えるにあたり、よりスピード感を持って事業成長ができる後任へとバトンを渡すことを決意した。Tリーグにおける代表理事という立場は退くが引き続きサポートしていきたい」などとチェアマン退任を表明した。
「“卓球を見る文化”を植え付けることができたのではないかと思う」
松下氏が退任を決めたのは5月。現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止の影響で、Tリーグも3月に予定されていた2年目のシーズンのプレーオフファイナルが中止になるなど、激動の時期での退任になるが、これについては「どちらかといえば私の中では前向きに考えている。今後、新体制になるにあたり、日本卓球協会の協力をたくさん得られる形が取れると思うので、理念に沿って私たちが目指すところに早い段階で近づいていってくれるのではないかと思っている」などと前向きにとらえているよう。
結果としてチェアマン最後のシーズンでプレーオフファイナルが行うことができず、途中で終わってしまったことについては「私の中では途中で終わっているということはなく、Tリーグが始まって2年間完全燃焼したし、その前に8年間、立ち上げ事業にかかわった。“10年ひと仕事をやると一人前”と昔から先輩に言われていたが、そのひと仕事を達成できたかなというところはあるので、自己満足かもしれないが、前向きな感じで終えることができたと思っている」などと語った。
この2シーズンについては「世界のいろいろな国々からトップの選手が日本に来て、初年度から世界一のリーグとしてやることができたのは良かったと思っている。日本では卓球をすることはすごく普及していたが、見る文化はなかなかなかったなかで、新しい“卓球を見る文化”を植え付けることができたのではないかと思う」と成果を挙げる一方で「もっともっとお客様に会場に足を運んでもらいたかったというのはある」と今後の課題も挙げた。
今後は新しいポストでTリーグを応援
またTリーグ構想にかかわっての10年については「すべて大変だった(笑)。2017年3月に一般社団法人のTリーグを立ち上げて、それから開幕まで1年半という短い準備期間のなかで立ち上げたので、チームを決めるのも大変だったが、そのあとのスポンサーを集めるのも大変だった」とその苦労を振り返った。しかし「でも“国技館でTリーグを開幕します”と一言言えたことは良かった。大変なことも多かったが、今となってはいい思い出しかない。選手たちもTリーグができて海外から帰ってきてやってくれたし、チームも地域と密着して、お客様も非常に喜んでくれた。そういうお客様、選手、関係者の笑顔を作れたのが本当に良かったと思っている」と笑顔を見せた。
ファンの中には松下氏の退任を惜しむ声も多いが「残念と言っていただけるのはうれしいが、これからTリーグはどんどん整っていって発展していくと思うので、これから新しい形のTリーグを引き続き応援していただき、ファンの方々が育てていくTリーグになってほしい。引き続き応援していただければと思っています」などとファンへメッセージを贈った。
松下氏の今後については7月8日に開催される社員総会で決定されるのだが「新しいポストを作っていただき、そこで応援していくという形になると思う」と話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.