画像: ケンドーコバヤシ、インパルス板倉らで「吉本自宅ゲーム部」設立! 目標は「ガッキーが番宣」?

ケンドーコバヤシ、インパルス板倉らで「吉本自宅ゲーム部」設立! 目標は「ガッキーが番宣」?

ケンドーコバヤシや板倉俊之(インパルス)ら吉本興行の芸人たちがライブ配信サービス『Mildom(ミルダム)』上でゲーム配信番組「吉本自宅ゲーム部」を立ち上げ、22日、その制作発表会がオンラインで行われた。
ケンドーコバヤシや板倉を筆頭に、品川祐(品川庄司)、河本準一(次長課長)、野田クリスタル(マヂカルラブリー)など、吉本のゲーム好き芸人たちが月曜日から金曜日まで、毎日日替わりでゲーム配信番組を放送。22日から、インパルス板倉の「板倉チャンネル」を皮切りにスタートする。
会見ではそれぞれの冠番組への抱負が語られたが、最初の配信者となる板倉が「最終的にはガッキーが番宣で出てくれるようにしていきたい」と話すと、品川や河本たちも「ガッキーを番宣に呼ぶことを目標に」と次々に「ガッキーボケ」を続けた。しかしケンコバは、白衣を身にまといながら一人「ワッキーを呼んでリハビリに付き合いたい」と、後輩芸人へのエールを送った。
後半は2020年のR-1ぐらんぷりで優勝した野田クリスタル(マヂカルラブリー)が制作した「野田ゲー」でトーナメント対戦が行われた。野田のチャンネルへの出演権を賭けてのゲームトーナメントを勝ち残ったのは「はじめてやったゲームでもコツがわかっちゃう。真のゲーマー」と自負する板倉。優勝した板倉のために野田は「板倉さんのゲームを丸々作ろうかなって思ってます。あつまれ板倉の森みたいなやつ」とコメント。すかさず品川が「バグで堤下出てくるやつ?」とボケて、「堤下はバグじゃないから!」とツッコミが飛んだ。
よしもとが運営するお笑い劇場も、東京や大阪での公演は19日に再開したばかり。まだフル稼働とはいかないタイミングだったが、芸人たちはみないつもどおりの丁寧なボケとそこへのツッコミの連続で、笑いにあふれたトークだった。
イベントには、ソーシャルディスタンスを保つため、ゆいP(おかずクラブ)、R藤本、ガーリィレコード、長谷川忍(シソンヌ)はリモートで出席した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.