画像: シャーロット相手に王座防衛のアスカにサーシャが挑戦表明【WWE】

シャーロット相手に王座防衛のアスカにサーシャが挑戦表明【WWE】

アスカロックでシャーロットにタップ勝ち
WWE「ロウ」(日本時間6月23日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で“明日の女帝”こと王者アスカが宿敵の“女王”シャーロット・フレアーとロウ女子王座戦で激突した。
試合前に“大女”ナイア・ジャックスとの乱闘で左肩を負傷したシャーロットが強行出場すると、アスカは序盤から容赦なくシャーロットの左腕を捕まえて集中攻撃。
互いを熟知する両者とあって、アスカのヒップアタックやシャーロットのムーンサルトが決まらず決定打を欠く展開となる中、シャーロットがターンバックルに誤爆して左腕をさらに痛めてしまう。
ここでアスカがアーム・バーを決めれば、シャーロットはそのままアスカを持ち上げてパワーボムで反撃するなど激しい攻防を展開したが、最後はアスカがアスカロックでシャーロットを締め上げてタップ勝ち。アスカはナイアに続き、宿敵シャーロットにも勝利して王座防衛に成功した。
7・20「エクストリーム・ルールズ」でアスカvsサーシャが決定
その後、WWE女子タッグ王者の“ボス”ことサーシャ・バンクスとベイリーがアイコニックスを相手に王座防衛に成功すると、サーシャが「ベイリーの2冠が羨ましい」とアスカの王座への挑戦を表明。
するとリングに登場したアスカが「おいおい! やれんのか? ワシはお前のボスじゃない。挑戦を受けてやる」とサーシャの挑戦を受諾したが、ベイリー&サーシャに2人がかりで襲われサーシャのバンク・ステートメントでKOされてしまった。
バックステージでアスカは「シャーロットに勝ちましたで! タイトル防衛してあの高飛車な奴をポキッと折ったったがな。イェーイ! サーシャがワシとやりたいって。もうどんだけモテモテなん。やったろやんけ! お前勝てんのか? ヘイヘイヘイ」と軽快な大阪弁で来たる王座戦に自信を見せた。
アスカvsサーシャのロウ女子王座戦が行われるPPV「エクストリーム・ルールズ」は日本時間7月20日にWWEネットワークで配信される。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.