画像: 下北沢の本多劇場グループが観客を入れての公演を再開

下北沢の本多劇場グループが観客を入れての公演を再開

観客はサーマルカメラで検温&アルコールで手を消毒して入場
新型コロナウイルスの感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月25日に解除され、一定の期間を設けたうえで、社会経済活動が再開されている。
エンタメ業界では演劇や音楽ライブ等について公益社団法人全国公立文化施設協会が「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を5月14日に発表。これにのっとり各劇場や主催者が公演の再開に動き出した。
演劇のメッカである東京・下北沢に8つの劇場を持つ本多劇場グループでは6月1日から活動再開第1弾企画として一人芝居企画『DISTANCE』を本多劇場で無観客のうえ、配信のみで開催。初日に行われた会見で同グループの本多愼一郎総支配人は「最初は無観客の配信から始め、少しずつお客さんに来てもらえるような環境を作りながら、いつか分からないが100%お客さんを入れられる状況まで安全対策に配慮していきたい」などと今後について話したのだが、6月26日から下北タウンホールの地下1階にある「小劇場B1」で観客を迎えての舞台がスタートした。
26日の昼間にはゲネプロが行われた。ゲネプロは本番の開幕前、当日もしくは前日に本番同様に行われる最終リハーサル。これは俳優の演技における部分はもちろん、、お客を迎えるスタッフワークにおいての予行演習の意味合いもある。
この日、受付の前の床には1メートル間隔で立ち位置を示すシールが張られ、受付には透明なプラスチックボードを設置。スタッフはフェイスシールドを着用することで観客との間での飛沫による感染を防止。観客はサーマルカメラによる検温を行い、アルコールで手を消毒してから会場に入る。
135人の収容キャパに30席でスタート
客席は1列が4席程度で計30席。もともとが135人の収容キャパであるから約4分の1に入場者を抑えた。
ガイドラインでは収容人数の50%を入れることは許されているのだが、それではもう一方の条件であるソーシャルディスタンスが十分に取れないためにこの人数になってしまうという。
ゲネプロとあって客席には関係者の顔が並ぶのだが、なにせこの2〜3カ月は演劇が行われなかったことはもちろん、自粛要請に従い家にいる人が多かったこともあり、顔を合わせるのも久しぶり。ましてや皆マスク着用とあって、一瞬気づかず、ちょっとだけマスクを外して声をかけては「おお、分からなかった」と苦笑いの風景もちらほら見受けられた。
演劇ではおなじみの開演前の携帯電話等の注意の場内放送もまずは新型コロナウイルス感染防止に関する注意から。そこで改めてマスク着用のままの観劇をお願いするという徹底ぶりだ。
しかし、いざ幕が開いてしまえば役者も観客もかつての劇場のまま。いや、久しぶりの生の観劇にちょっと緊張してしまったかも。
実力派女優3人による会話劇『人の気も知らないで』を上演
この日から始まった本多劇場グループ PRESENTS『人の気も知らないで』は安藤みどり(劇団俳優座)、井上薫(NLT)、小飯塚貴世江の3人の実力派女優による会話劇。iakuの横山拓也の脚本を子供鉅人の益山貴司が演出した。
舞台は日曜日のカフェ。広告会社勤務の女性3人が同僚の結婚式の余興の打ち合わせのためにそのカフェに集まるのだが、交通事故に遭って入院中の別の同僚の女性アデコの容態がことのほか芳しくなかったことから、なかなか余興の話は進まない。そのうちアデコに対する話題をきっかけとし、それぞれの考え方がすれ違っていく――といったストーリー。
作品が終わり、3人がカーテンコールで現れると客席が少ない分、みんないつもより強めの拍手をしていたように見えるのは気のせいか。
終演後のアナウンスでも一気にみんなが出口に殺到しないように注意を促し、またこれまでは当たり前だった役者、関係者との面会や差し入れ等ができないことをアナウンス。やはりここでも最後まで感染防止への徹底した対策が講じられた。
本多劇場グループではしばらくはこういった対策を取った上での上演が行われるという。また今公演では動画配信サービスvimeoでも有料配信が行われている。
同公演は28日まで小劇場B1で上演。劇場での観劇についてはカルテット・オンライン、ライブ配信のチケットはPeatixで扱っている。公演の詳細は同劇場のHP( http://www.honda-geki.com/b1main.html )から。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.