画像: ライト級王座挑戦の篠原が2階級制覇へ意欲【6・28 Krush.113】

ライト級王座挑戦の篠原が2階級制覇へ意欲【6・28 Krush.113】

2カ月越しのタイトル戦に闘志
「Krush.113」(6月28日、東京・新宿FACE)の前日計量が6月27日、都内で行われ、全選手が規定体重をクリアした。
計量後には前日会見が行われ、メインで行われるライト級タイトルマッチに出場する王者・ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)と挑戦者の篠原悠人(DURGA)が静かに火花を散らした。
2人は2018年12月に行われたK-1大阪大会の「K-1ライト級世界最強決定トーナメント」の1回戦で対戦し、篠原が1R25秒でKO勝利を収めている。ゴンナパーにとっては待ちに待ったリベンジマッチでもある。
待ちに待ったといえば、この試合は当初、4月25日に行われる予定だったのだが、新型コロナウイルスの感染拡大予防による非常事態宣言等で試合が延期されていたことから篠原は「4月25日から延期になって、明日はやっとタイトルマッチができる。試合ができない期間もしっかり練習して仕上げてきたので、明日はKOで勝ってライト級のベルトを取りたい」と2カ月越しのタイトル戦に闘志を燃やした。
篠原「Krushのベルトを取ってK-1のベルトに挑戦することが意義がある」
そして「ゴンナパー選手は変わらずめっちゃ強い。その印象は変わっていない」と警戒しつつも「(前回は)25秒で終わったが、あの展開は3Rのなかで絶対に出てくるし、打ち合う場面は出てくると思う。ハンドスピードや回転力は僕のほうがあると思うので、そこを突く練習をしてきた。ゴンナパー選手も対策を立ててくると思うので、前の作戦がそのままはまるとは思っていない。僕も2回目の対策をしっかりしてきたので、楽しみにしていてほしい」と大阪のKO劇の再現を約束した。
一方、ゴンナパーは「今、体調はとてもよくて、計量が終わってとてもいい気分。明日戦うことをうれしく思う。相手はしっかり計画を練ってきたのではないかと思うが、相手がどんな計画を立てても、自分が勝つために練習してきたものがあるので、相手は明日、自分を倒すことはできない」とこちらもリベンジへの強い決意を見せた。篠原については「しっかりとした対策はあるが明日ぜひ会場で見てもらえれば」と話すにとどめたが、「相手のスピードが勝つのか自分の重さが勝つのか、ということ」とも話した。
篠原は勝てばKrush王座の2階級制覇となる。篠原が「今まで2人の選手しかしていないので、2階級制覇はしたい。Krushのライト級のベルトを取ってK-1のベルトに挑戦することが意義があると思うので、しっかりとこのベルトを取りたい」と言えばゴンナパーも「今回、必ず防衛して次はK-1のベルトにつなげたい」とともに防衛後のK-1王座への挑戦も視野に入れた。
独特の堀井ワールドを展開
セミファイナルでは堀井翼(K-1ジム五反田チームキングス)と金子大輝(K-1ジム大宮チームレオン)がライト級で対戦する。
堀井は今大会から所属をK-1ジム五反田チームキングスに変更し、1階級下げてライト級での参戦。現在、不可思、山崎秀晃という格上の選手との戦いが続いており、3連敗中。
対する金子はミャンマーラウェイ王者の実績を引っ提げK-1参戦を果たしたが、K-1王者の林健太にKO負け。1月大会では里見柚己にも敗れ、2連敗。
ともに魅せる試合はしているものの、今回ばかりは結果が求められる試合となる。
金子は「この期間、ずっと練習しかしていなかった。難しい状況だったと思うが、自分は格闘家なので、強くなることしか考えていなかった。明日の試合ではそれを見せられるように頑張る。公開練習に至るまでのツイッターでの堀井選手の煽りにちょっとびびっちゃって、公開練習での腰遣いに圧倒されちゃってるが、明日は勝てるように頑張る」と実直に勝利を誓う一方で堀井は「明日の試合、勝って髪をはやす。それが俺の目標だ。(金子は)スピードはないけどパワーはある印象。パワーには気をつけて明日はぶっ飛ばす。これ以外にない」と独特の堀井ワールドを展開。
金子はラウェイサンダー炸裂を予告
対策を問われ、金子が「対策というより、ミャンマーラウェイの奥義に磨きをかけてきた。皆さんご存じだと思うが、僕にはラウェイサンダーという必殺技があるので、こちらをフル充電させてもらった」と言えば、堀井はここでも「頭突きと、頭突きに耐えられる練習と金的に耐えられる練習をしてきた。まさか当たっちゃったとしても関係なしに倒すような対策練習をしてきた」などと返答。
また金子は「今回はミャンマーの衣装ではなくスーツで来た。K-1ジム大宮でお世話になって1年。毎日K-1ルールの練習をしてきた。ミャンマーラウェイのことを忘れるくらいのつもりでK-1に没頭してきた。その中でラウェイの良さや奥深さを気づかされてきた。明日はK-1ルールに対応した姿やラウェイの良さを発揮できるように戦う。新生・金子大輝を見せられるように頑張る」としたうえで「明日は皆さんに格闘技のすばらしさを伝えられるように一生懸命戦う。ラウェイサンダー炸裂させます」とラウェイサンダーでのフィニッシュを予告。
対して堀井は「体重が落ちた分、ラッキーパンチが当たるスピードが上がった。ラッキーパンチでKOできると思う」とラッキーパンチでのKOを予告。最後は「明日は俺と金子でめちゃくちゃ激しい殴り合いをして盛り上がるセミにしたいと思うから、みんなしっかり見るように。よろしく」と締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.