画像: 高梨knuckle美穂が女子3階級制覇も視野に!?【6・28 Krush.113】

高梨knuckle美穂が女子3階級制覇も視野に!?【6・28 Krush.113】

「もっと体を大きくして上の階級に行きたいという気持ちはある」
「Krush.113」(6月28日、東京・新宿FACE)の前日計量が6月27日、都内で行われ、全選手が規定体重をクリアした。
計量後には前日会見が行われ、今大会で2試合が組まれた女子選手4人がそろって会見に臨んだ。
女子アトム級王座を返上し、今回から女子ミニマム級に階級を上げる高梨knuckle美穂(Y’ZD GYM)はK-1グループ初参戦となる真美(Team ImmortaL)と対戦する。
高梨は「アトム級よりパワーが上がっていると思うのでパンチ力を見てほしい。絶対にKOして勝ちます。(真美は)全く情報がないので分からないが、パンチでガンガン来るのかなと思う。でも一発のパンチ力は私のほうがあると思うので、負けません」とKO勝利を予告した。また今後については「もちろんミニマム級のベルトを取るのが目標だが、もっと体を大きくして上の階級に行きたいという気持ちはある」と女子ミニマム級のベルトはもちろん女子フライ級のベルトにまで意欲。女子3階級制覇を視野に入れているよう。
対する真美は「いろいろな方々の協力あっての参戦となる。その方々のためにも、応援してくれる方のためにもしっかりと勝って魅せる試合をしたい」と語り「(高梨は)スピードがある選手。パワーは私もあるので、パワーでは負けないつもり」とこちらも真っ向勝負を約束した。
壽美は女子フライ級のベルトに意欲
女子フライ級では壽美(NEXT LEVEL渋谷)とこちらもK-1グループ初参戦となるNA☆NA(エスジム)が対戦する。
女子フライ級はKANAがK-1王座に専念するためにKrushのベルトを返上。現在王座は空位となっている。
壽美は「今回はとにかく自信を持ってリングに上がれる状態を作ってきたので、自信満々でリングに上がって思い切り戦おうと思う」「自分はKANA選手に挑みたいと思ってやってきた。まず返上されたKrushのベルトを取って、自分の強さをしっかり見てもらってKANA選手に挑みたい」と近い将来のベルト奪取に意欲を見せた。
また「自粛期間はジムが使えなかったが、一人で練習する中で自分に何が足りないか考えるきっかけとなった。自分対自分の練習時間は誰も見ていないからこそ力を抜けない。走り込みや筋トレもひとつひとつ考えながらできた。そういう面でひとつひとつ変わったかなということを、ジムが再開して練習の中で実感しているところがある。だから今回は試合の中で変わったところを見せられるのではないかと思っている」などと“ニュー壽美”をアピールした。
対するNA☆NAは「初めてのK-1グループの試合ということで破壊力のあるところを見せたい」と挨拶。壽美については「まずかわいい。アグレッシブに前に出てくる選手。スパーリングをした時にフィジカルが強いと思った。そこに負けないように自分もフィジカルトレーニングを積んできたので、その成果を発揮できるように頑張る」と話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.