画像: 役所広司「コロナショックを経て日本の映画がもっと豊かになるように」映画館キャンペーンのアンバサダーに

役所広司「コロナショックを経て日本の映画がもっと豊かになるように」映画館キャンペーンのアンバサダーに

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受ける映画業界の活性化を目指す『映画館に行こう!』キャンペーン2020 の記者会見が30日、都内にて行われ、キャンペーン・アンバサダーを務める俳優・役所広司らが登壇した。
同キャンペーンは、製作や配給の枠を超え映画業界全体の取り組みとして、コロナ対策を行いながら映画館の営業を続けるべく「新しい映画鑑賞様式」を周知させ、新たな映画館の楽しみ方を提案していくキャンペーン。監督、俳優をはじめさまざまな映画関係者が参加し、YouTube動画などを展開する。
キャンペーンを主催する『映画館に行こう!』実行委員会の松岡宏泰委員長は「実行委員会はもともと10年以上前に岡田会長を中心に設立され、年間動員人口2億人を目指す活動や、映画館における盗撮防止対策を行ってきたが、今回の状況を受け、映画ファンに映画館に行きたいと思ってもらうことが一番大事なのでは、と、実行委員会が主体となってこのキャンペーンを行うことになりました」と説明。同実行委員の顧問を務める日本映画製作者連盟の岡田裕介会長も「もともと映画館の換気の基準は、フィルムが燃える時代から変わっておらず、火災対策として非常に厳しい基準にのっとっており、換気も徹底されている」と話した。
「映画界全体の取り組みということで、映画の顔となる方を」と、アンバサダーをオファーされた役所広司は「長年、映画館に世話になっているのでこんなときに役立つことがあればと引き受けました。これからいろんな映画人が参加すると思うが、トップバッターの僕が隙だらけのアンバサダーなので、後の人もやりやすいと思います」と会場を笑わせ「小学校のころから子供たちだけで映画を見に行った。映画からいろんなことを教えてもらった」と映画館の思い出を振り返った。
また役所は本番直前までシールドを付けながら撮影現場に臨むことの難しさなど、俳優同士で情報交換をしていると明かし「これからはコロナと共存していくしかないと思うが、覚悟と努力があれば、こんな状況でも素晴らしい作品が生まれるのではと信じている。コロナショックを経て日本の映画がもっと誇らしく豊かになるよう期待しています」と語った。
『映画館に行こう!』キャンペーン2020は2020年6月30日から8月31日までの約2カ月、実施。現在、来場者へのサービスとなるような企画も検討しているとのこと。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.