画像: ミステリオがロリンズと遺恨決着戦「お前の目玉を素手でくり抜いてやる」【WWE】

ミステリオがロリンズと遺恨決着戦「お前の目玉を素手でくり抜いてやる」【WWE】

7・20「エクストリーム・ルールズ」で“目には目を戦”
WWE「ロウ」(日本時間7月7日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で現在、抗争を展開中のセス・ロリンズとレイ・ミステリオがPPV「エクストリーム・ルールズ」で“目には目を戦”で対戦することが決定した。
この日、ケビン・オーエンズがホストを務める「KOショー」のゲストとしてロリンズ(withマーフィー)が登場。ロリンズは「試合許可が出たミステリオとエクストリーム・ルールズで対戦したい」と対戦要求。するとそこへ登場したミステリオ(withドミニク)が「その挑戦を受けてやる」と対戦を受諾した。
ここでオーエンズがバックステージでロリンズらに襲撃されたアリスター・ブラックが出場予定だったタッグ戦に、ブラックの代わりに出場することを表明。ロリンズ&マーフィーvsミステリオ&オーエンズのタッグ戦が行われることとなったのだが、この試合には「エクストリーム・ルールズ」で行われるロリンズvsミステリオの試合条件を選ぶ権利がかけられた。
タッグ戦ではミステリオがマーフィーから3カウント
4人はハイレベルの激しい攻防を展開するが、試合終盤に突如ブラックが登場すると、これに動揺したマーフィーにドミニクがサミング。さらにミステリオがマーフィーに619からフロッグ・スプラッシュを叩き込んで3カウントを奪った。
試合後、勝利したミステリオは「試合条件は“目には目を”だ! お前の目玉を素手でくり抜いてやる」と試合条件をロリンズに叩き付けて遺恨戦に闘志を燃やした。ロリンズvsミステリオの“目には目を戦”が行われるPPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」は日本では7月20日にWWEネットワークで配信される。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.