画像: 下北沢の本多劇場グループが再開第二弾企画『DISTANCE-TOUR-』開催

下北沢の本多劇場グループが再開第二弾企画『DISTANCE-TOUR-』開催

東京は8月5~11日に本多劇場で上演
下北沢の本多劇場グループが7月7日、新型コロナウイルスの感染拡大防止による緊急事態宣言による休館からの再開第二弾企画『DISTANCE-TOUR-』の開催を発表した。
同グループでは6月1日から『ひとり芝居 無観客生配信企画「DISTANCE」』で劇場での公演を再開。今回は全国公立文化施設協会の「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を基に、客席は前後左右を1席ずつ開けるといった新型コロナウィルス感染拡大予防対策を講じ、観客及び出演者・公演関係者の安全と安心を確保することに努めたうえで、観客を入れての「劇場公演」と「配信公演」の両形態で上演する。
また今公演では「他の地域の劇場再開」を新たな目標に掲げ、北九州・豊橋・札幌の3都市ツアーを実施。DISTANCEチームの情報共有を目的に3都市ではワークショップの開催も予定しているという。
東京公演は8月5~11日に本多劇場で上演。出演者は、井上小百合、入江雅人、伊礼彼方、小沢道成、小林顕作、清水宏、永島敬三ら第一弾 参加者がそれぞれ前回とは異なる新たな作品で出演する。
北九州・豊橋・札幌の3都市ツアーを実施
さらに、今企画初参戦となる春風亭一之輔、豊永利行、松井玲奈、宮崎吐夢、矢野奨吾の出演が決定。また、演者の人数を最大4人までとし、ふたり芝居など今企画と演劇の可能性をより一層広げた演目も予定されている。
北九州では8月15日に北九州芸術劇場で上演。北九州市で活躍する俳優・寺田剛史と、小沢道成によるコラボレーション作品を発表する。
豊橋公演は8月20日に穂の国とよはし芸術劇場、札幌公演は8月26日に演劇専用小劇場 BLOCHで上演される。
演目、タイムテーブル、全キャストは7月15日12時に発表され、同日時からe+にて劇場公演の先行チケットを発売。チケットは抽選式。公演の詳細は「DISTANCE」公式サイト( http://distance.mystrikingly.com )から。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.