画像: 井上小百合「100%朗読劇にむかない作品で悩んだ」進化形朗読劇『銀ちゃんが逝く』

井上小百合「100%朗読劇にむかない作品で悩んだ」進化形朗読劇『銀ちゃんが逝く』

演出家つかこうへいの命日である7月10日から3日間、新宿・紀伊國屋ホールにて没後10年追悼イベント・朗読蒲田行進曲『銀ちゃんが逝く』が行われる。
初日となったこの日は公開舞台稽古と舞台挨拶が行われ、主演の味方良介と今年4月に乃木坂46を卒業した井上小百合と植田圭輔、演出の岡村俊一が登壇した。
企画当初は1カ月の公演を予定したいた本作。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、公演日程の縮小やソーシャルディスタンスをたもった客席などの対策を講じての公演となった。
井上は「演劇はある人によっては必要ないものかもしれませんが、このコロナ禍で誰かと泣いたり、笑ったりする時間は生きる上で大事なことだなと思いました。いろんなリスクを背負って舞台を見に来てくれるお客さんに、届けられるものがあると信じています。楽しんでいきたいと思います」と思いを語った。
見に来てよかったと思える作品になった
初めての、つかこうへい作品に触れてみての感想をきかれて井上は「私はつかこうへいさんにお会いしたことはないですけれど、きっとつかさんの出会った人の思いが描かれていると思うので、天国で“おいおい”って言われないように頑張りました。朗読に合う作品とそうでないものとあると思うのだけれど、これは100%朗読劇にむかないなって最初は思いました。それでも稽古場でみなさんに助けられて、ソーシャルディスタンスを保ちながら、この距離感でどうやってお芝居を作っていくかすごく悩みました。距離を詰めて演技したいところをそれが出来ないので、感情で持っていかなくてはいけない。おかげで感情の引き出しがたくさん増えました」と胸を張った。
倉岡銀四郎こと銀ちゃんを演じた味方は「ここにいることが嬉しいです。つかこうへいさんの命日に劇場に入れるってことが最高です。『蒲田行進曲』という作品を紀伊国屋でやれるって事がとてつもなく嬉しいです。進化形の朗読劇を楽しんでください」と感慨深げに語った。
ヤス役を演じた植田圭輔は「つかこうへいさんにお会いしたことはありませんが、今こうして今日という日に“つか作品”出させていられることに意味を感じています。魂を届けますので魂を受け取って下さい」と意気込んだ。
そして演出の岡村氏は「一度は公演中止も発表しましたが、状況を慎重に確認して、つかこうへいさんの命日から3日間公演が出来ることになりました。そして、6月の半ばから朗読劇で稽古をしていて、俳優というのは恐ろしいもので半分は演劇、そのうちに8割と増えていってしまいました。『蒲田行進曲』が最初に発表された、同じ紀伊國屋ホールで演じる俳優の思いを感じて下さい」とアピール。
また本作は、7月23日~26日の追加公演の決定も発表された。
つかこうへい没後10年追悼イベント
朗読 蒲田行進曲完結編『銀ちゃんが逝く』
作:つかこうへい
演出:岡村俊一
出演:味方良介/井上小百合/植田圭輔
細貝 圭/綱 啓永/久保田創
●7/10~12 紀伊國屋ホール
〈料金〉7,500 円(全席指定・税込」未就学児入場不可)
〈問い合せ〉Mitt 03-6265-3201(平日 12:00~17:00)
〈公式サイト〉https://www.ginchan-event.com/
※今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況により、イベント実施を含めて変更になる場合も。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.