画像: 歴史ある高架下に新グルメスポット「日比谷グルメゾン」がオープン!

歴史ある高架下に新グルメスポット「日比谷グルメゾン」がオープン!

JR有楽町駅からほど近い高架下に9日、新たなグルメ施設「日比谷グルメゾン」がオープンした。スタンディングバーの個性派イタリアンや、新感覚の板前バル、こだわりの希少部位が味わえる串焼きなど、多種多様なお店で、新しい食体験が楽しめそう。
2つのスタイルで楽しめるイタリアンバル
有楽町〜新橋へと続く煉瓦造りの高架下にオープンしたのは、全6店舗。
おしゃれで開放的な雰囲気のイタリアンバル「DRAスタンド」では、野菜や果物を使った新感覚のクラフトビールやナポリピッツァを、スタンディングバーで楽しめる。店内奥には、デートにぴったりの隠れ家的な空間「ウラドラ」が広がり、フォアグラやトリュフなどの高級食材がコース料理で味わえる。表と裏で店内の雰囲気ががらっと変わるので、シーンによって使い分けて。
まるで漁港!その場で調理の板前バル
和食バル「板前バル LIVE FISH MARKET」は、全国の漁港から産地直送した魚介を、店内の生簀や陳列棚から選んで、その場で板前に調理してもらえるという、うれしい漁港体験を体現。アレンジは、お刺身やカルパッチョ、煮付けに塩焼きなど、和洋どちらにもOKというから、気分に合わせて、仲間と贅沢にいろいろな調理法をオーダーできそう。
こだわりの串焼きは絶品
「串焼 黒松屋」では、岩手や群馬より毎日直送される、鮮度が自慢の串焼を揃える。肉食鶏の王様ともいえる「上州軍鶏」や脂の乗った「プラチナポーク」など、普段は味わえないブランド食材は絶品。備長炭で焼き上げたふっくらとした仕上がりや、おいしい日本酒が食欲をそそること間違いなし。工場直送だからこそできるその日の希少部位は、ぜひとも味わって。
その他にも、タイの雰囲気をリアルに再現した「タイ屋台999」や、選りすぐりのラーメン屋3店が集結した「RAMEN AVENUE」、一年中オクトーバーフェストが楽しめるドイツビールの「シュマッツ・ビア・ホール」など、個性豊かな店舗が日比谷の街を盛り上げる。
ランチから仕事帰りの同僚との集まり、友人や恋人との特別なディナーに至るまで、幅広いシーンで活躍しそうな「日比谷グルメゾン」。100年以上の歴史と趣ある高架下に、新たな風を吹かせてくれそうだ。
日比谷グルメゾン
【アクセス】JR有楽町駅から徒歩5分、地下鉄日比谷駅から徒歩4分
【営業時間】各店舗に問い合わせ
【URL】https://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/hibiyagourmetzone/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.