画像: 都医師会、新型コロナ感染最多に「マスクを外して密接な状態が一番危険」

都医師会、新型コロナ感染最多に「マスクを外して密接な状態が一番危険」

東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数が1日あたり過去最多の243人となった10日、公益社団法人東京都医師会は都内で記者会見を行い、問題となっている「夜の街」クラスターへの見解や「第2波」に向けての医療提供体制を説明した。
尾﨑治夫会長は感染者数の増加の原因のひとつに、感染が収束していない「夜の街」に人の流れが戻ったことを挙げた。「『緊急事態宣言』解除後に一般の方も歌舞伎町などに行くようになった。ホストクラブを中心とした地域に、そこで働いている人だけではなく大学生やフリーター、会社員などのさまざまな職業の方も行っている。そういう方に知らないうちに感染が広がって、その方たちからさらに周囲に感染を広げているのではないか」としたうえで、「歌舞伎町や池袋など、地震で言えば震源地にあたる地域をどう対策していくか、市中感染を広げつつある部分をどう予防していくが大きなポイント」と述べた。
尾﨑会長は、政府に対して「歌舞伎町や池袋などの感染拡大地域にあって、ホストクラブだけが街の構成要素ではなく、他の飲食店やクラブなどが隣り合って存在している。地域を限定して補償を伴う休業要請を行い、その間に徹底したPCR検査が必要なのではないか」と提言し、医師会としてPCRカーの派遣や、経営者への感染予防講習の開催などで積極的に協力していく構えを見せた。また、市中感染の予防には「マスクを外して唾液が飛び交うような密接な状態が一番危険」と指摘、「23日から連休が始まりますが、繁華街を中心にお酒を飲むような飲食に注意して、なるべく行かないようにすることが感染予防につながる」として、繁華街での飲食を2〜4週間程度控え、どうしてもという場合には「感染拡大予防ガイドライン」を守っている店舗を利用するよう呼びかけた。
特に注意が必要なのは医療・教育・介護関係者、高齢者の家族がいる人とその家族だが「若い方は感染しても重症にならないと言われているが、その方はひとりで生きているわけではない。必ず高齢者や病院、介護施設に広がっていくので、若い方もしばらくは繁華街で飲食しないよう協力いただきたい」と訴える。同日からイベントの人数制限が緩和されたが「観客の方が純粋に楽しむだけで、密にならなければあまり問題にならないと思うが、たとえば帰り際に飲みに行ったりすると今の状況では危ない。また、多くの人が集まると感染経路がつかみにくい。厚生労働省の接触感染アプリもぜひ皆さんにダウンロードしていただきたい」と求めた。
続いて、改めて室内や、屋外でも人が密集して会話する場合のマスクの着用、手洗い、三密の回避などに注意喚起。さらに世代別では49歳までは標準的な感染予防対策を行い他の世代へうつさない、50〜69歳は自身の感染予防として時間的空間的距離を保ったうえでの社会活動、70歳以上は感染リスクが大きいため他の世代との距離を保つことなどを訴えた。また、現状は医療提供体制のひっ迫はないとしたが、今後、中等症・重症患者が増えた際や感染拡大時の医療機関への受療抑制に備えた新型コロナ感染症専門病院の設置が重要だとし、民間病院ではなく都立病院や公社病院がその役割を担うべきだとの認識も示した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.