画像: 佐々木大蔵「今後も進化し続けることを目標に置いて日々過ごしていきたい」【Krush.114】

佐々木大蔵「今後も進化し続けることを目標に置いて日々過ごしていきたい」【Krush.114】

改めて関係者やファンに感謝
「Krush.114」(7月11日、東京・後楽園ホール)の一夜明け会見が7月12日、都内で開催された。
メインで近藤拳成(大成会館)を破り、スーパー・ライト級王座の初防衛に成功した佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は改めて大会開催に奔走した関係者やファンに感謝の言葉を述べた。
佐々木は冒頭「こういった状況下、(観戦することに)心配する方が多かったのではないかと思うが、こうしてたくさんの方の前で試合をすることができて、一人の人間として感謝の思いが募っている。ありがとうございました」と挨拶した。
前日の試合は新型コロナウイルスの影響で2度も延期されたのだが、これについては「僕のなかでは何も変わっていなかった。準備できる期間ができたのは、1日1日ワクワクしながら、準備を試合で出せる状況を作れてはいたので、それを昨日は試すことができてた。そして後楽園ホールで試合ができたのはすごく楽しく、また格闘技が好きな思いが強くなった」などと相変わらずの“不動心”。
試合は1Rに左ミドルでダウンを奪い、以降、主導権を握り続け、判定ながら圧勝という結果だったのだが「早めにダウンを取れたが、そこから少し自分の欲が出てるな、というのがあった。自分の熱が一歩前に出始めていたが、必死にそれを押さえつけながら戦った。それも今までの経験があったからそういう考えに至った。そこでばーっと動いていたら違う展開になっていたのかなという思いもある。倒しきれなかったのは近藤選手のテクニックや熱、思いがあったから昨日の展開になったと思う」などと振り返った。
3Rの近藤の反撃については「3Rに限らず、3分3R、近藤拳成選手だけではなく、兄の大成選手、弟の魁成選手の声も聞こえていた。3人の思いが僕に伝わってきていた。兄弟の思いを背負ってリングに上がっているんだなということを感じた時間だった」と試合中の思いを語った。
今後については「これからも変わらず、進化というか、もっともっと突き詰めるものがある。いつ満足するかは分からないが、ずっと進化し続けることを目標に置いて日々過ごしていきたい」と淡々と語った。
そして最後に改めて「こういう状況下の中、足を運んでいただいたお客さん、ABEMAで画面越しではあるがご視聴いただいているお客さん、ありがとうございます。観客を減らしてイベントが行われたが、選手一人の力ではこういったイベントはできない。裏方のスタッフさん、イベント関係者、そしてお客さんあってこそのイベントだと思っている。そういうことを胸にしながら、日々進化を続けて皆さんに熱を届けていきたい」と再度の感謝の言葉で締めくくった。
鈴木勇人はこの日も「K-1のベルトを獲ると決めた」
セミファイナルで再起戦をFUMIYA(ポゴナ・クラブジム)を相手に見事なKO勝利で飾った鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)は「しっかりリベンジすることができて、そして再起戦ということでしっかりといい勝ち方ができてほっとしている」と試合を終えての心境を明かした。
1R序盤に前に出てくるFUMIYAにカウンターを合わせダウンを奪い、計2度のダウンを奪ってのKO勝ちという展開については「想定はしていた。ああやって仕掛けてくるとは思っていた。どうしても勝ちたかったので、1R目は事故を起こさないように戦おうと思っていたが、思っていたよりパンチが見えた。ディフェンス気味にカウンターを取った感じだが、それがいいところに当たった。一番いい結果になったと思う」と振り返った。
鈴木は佐々木大蔵に2連敗を喫し、Krush王座からも陥落している。その佐々木の試合については「めちゃくちゃ強いなと思った。こんな人と試合をしたのかと思うくらい強かった。でも2回負けているのでいつかやり返さないといけないと思っている。必ずやり返します」と話した。佐々木との2連敗で学んだことについては「自分はあまり格闘技のIQが高くないので肌感覚なのだが、トップの選手とできて学べたことは言葉では表せないがすごくあった」と話した。
また前日の試合後のリングで「K-1のベルトを狙う」とアピールしたのだが、この日も改めて「自分はK-1のベルトを獲ると決めた。しっかり獲りに行く」とその決意に揺らぎはなかった。
大沢を破った蓮實光「Krushライト級王座に蓮實光という名前を刻む」
ライト級の実力者・大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)をKOで下した蓮實光(パラエストラ栃木)は「宣言通りKO勝ちできて素直にうれしいしほっとしている」と笑顔を見せた。
試合は1Rは大沢のテクニックに翻弄される場面もあったが、2Rに一気に3つのダウンを奪ってのKO勝ち。
蓮實は「自分的にも出来がいいと思うくらいにきっちりKOで倒せた。ああいう展開に持ち込めたのも勝因ですし、ああいう形できっちり倒せたのは大きい」と振り返った。前日会見などでも舌戦を展開した大沢については「実績のある選手。パンチを的確に当てられた。1Rは鼻血も出た。勉強になる試合だった」などと語った。
ダウンを奪ったシーンについては「ああいう打ち合いは得意としている距離。実際に大沢選手も打ち合ってくれた。ジャブの突き合いでガードが下がる癖があるというのはずっと自分で意識して練習していた。大沢選手のガードが結構敏感に反応してくれていたので、フックを出したところで当たった。2回目のダウンの時は大沢選手はガードは上げていたが顔が空いていたのでアッパーでいった。フック系が得意だが、成長した姿を見せられて良かった」などと解説。
今後については「実績のある選手と戦えてうれしいし、結果的にKOで倒せたのも満足のいく試合だった。ベルトに近いのは自分かなと思っている。KOで勝ったのは大きいと思う」とし改めて「Krushライト級王座に蓮實光という名前を刻む」とベルトへの挑戦をアピールした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.