画像: 【新型コロナウイルスとスポーツ】実況の声が選手に筒抜け。オリックスは同一カード6連敗

【新型コロナウイルスとスポーツ】実況の声が選手に筒抜け。オリックスは同一カード6連敗

新型コロナウイルスの感染拡大により開幕が延期されていたプロ野球が6月19日に約3カ月遅れでスタートした。
今シーズンはセ・パともに当初の143試合から120試合に試合を減らし行われる。交流戦とオールスター戦は中止となり、クライマックス・シリーズはパがシーズン1位と2位のチームの間で行われ、セは開催を断念した。
また延長戦は10回で打ち切りとなり、出場選手登録は29人から31人、ベンチ入りは25人から26人に拡大されるなど選手の負担軽減のための特別ルールが採用された。外国人選手の出場選手登録枠も4人から5人に増えるが、ベンチ入りできるのは4人のままとなった。
試合は当初、無観客試合で行われたが、政府は7月6日に行われた「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の初会合で10日に予定していたイベント開催の制限を緩和することで一致。同日行われたプロ野球とJリーグの「対策連絡会議」でも10日から5000人を上限に観客を入れて試合を開催することを確認。晴れてファンの前でのプレーが実現することとなった。
日本野球機構(NPB)は6月17日に感染予防策をまとめたガイドラインを発表。そのなかでプレーにおいては選手はハイタッチや握手を控え、グラウンドにつばを吐く行為は禁止された。選手ら関係者に感染者が出た場合の対応についてはNPBは明確な指針は決めず、当日の試合続行の可否は、残りの選手で試合ができるかで決める。それ以降の試合運営は臨時実行委員会で協議することとなった。
試合日程も新型コロナへの感染防止の観点から移動を少なくするためにセは東西での集中開催、パは同一カード6連戦が中心となる異例のものとなった。通常は3連戦が普通で3連敗(3タテ)しても次は別のチームとの対戦のため、悪い流れは取りあえずは断ち切れるのだが6連戦だとそのままずるずるいくこともありえる。そんな懸念が開幕前から評論家はもちろん、ファンの間でもささやかれていたのだが、オリックスが6月23日からのロッテとの6連戦で6連敗を喫するなど悪い予感は早くも的中。
また6月21日のヤクルトvs中日戦ではネット裏の放送席の実況の声がグラウンドの選手に聞こえてしまうという無観客試合ならではの珍事もあった。
J1リーグも7月4日に再開
新型コロナウイルスの影響によって中断されていたサッカーのJ1リーグが7月4日、約4カ月ぶりに無観客で再開された。一足お先に6月27日にJ2は再開、J3は開幕していた。
再開にあたってJリーグでは選手らを対象に新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査を実施。陰性確認が公式戦出場の条件となっていたが、6月26日最終報告では検査総数3070件すべての陰性が確認された。検査はシーズン終了まで2週間に1度のペースで続ける。陽性反応が出た場合、保健所の指示に従って本人や濃厚接触者の隔離といった措置をとる。
試合については従来、9カ月強で行う試合を半年間に短縮して行うとあって週2試合のケースもあるため、選手保護の側面から交代枠は3から5に拡大する特別ルールを採用。
また今シーズンは各クラブで消化試合数に差が出る可能性があるため、公平を期すために順位決定方法を変更。勝ち点と得失点差で並んだ場合、当該クラブの対戦成績を最優先することを決めた。従来は勝ち点、得失点差に続いて総得点を重視していた。なお今シーズンは必ずしも全クラブが対等な条件でシーズンを戦えることが担保できない可能性があるためJ2への降格はなくなった。
なおJリーグも10日からは5000人を上限に観客を入れて試合を開催した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.