画像: 行定勲監督 映画『劇場』恋をしたことがあるすべての人、かつて夢を追いかけたすべての人へ

行定勲監督 映画『劇場』恋をしたことがあるすべての人、かつて夢を追いかけたすべての人へ

東京・下北沢を舞台に、演劇の夢を追う男女の恋愛を描く、芥川賞作家・又吉直樹初めての長編恋愛小説『劇場』。純文学としては異例の累計50万部を超えるベストセラーとなった。人気作の映画化にあたり指揮をとったのは、『世界の中心で、愛をさけぶ』『ナラタージュ』など、数々の恋愛映画で観客の心をつかんだ行定勲監督。新たな挑戦作になったという本作やキャストについて、さらには芸術界の今について、自らの思いを語った。
描きたかった「人間の甘えと愚かさ」
作家・又吉直樹が『火花』で芥川賞を受賞する前から書き始めていた、彼の原点ともいえる小説『劇場』。「恋愛が分からないからこそ、書きたかった」と語る又吉の思いを、見事に具現化し、スクリーンに映し出したのが行定監督だ。本作は、数々の恋愛小説を日本映画界に届けてきた行定監督の真骨頂といえるかもしれない。
行定勲(以下、行定)「この作品の監督は、僕のほうで立候補したんです。読み終わった後に“これ、やりたい”と。僕は舞台の演出家もしているんですが、読んでみると、どの場面も身に覚えのあるシーンばかりで、分からないことがないくらい。映画監督がこうした個人的な出来事を映画化できることって少ないので、これだったら、まるで自分のことのように、どこかで自分の愚かさや懺悔を含めて、手に取るように分かる物語を作れるのではないかと思いました」
行定監督が描いたのは、若い男女を通して見える「人間の甘えと愚かさ」。劇作家の主人公・永田は演出家として、社会人として、世間の厳しい評価と対峙する。理想と現実の狭間で葛藤する姿には、同じく映画界・演劇界の作り手である自身の経験を重ねていた。
行定「僕は自分のことを名監督だとは、ちっとも思いません。褒められていることをハナから疑っている。評価されても今だけのことと信じないような偏屈なところがある。“どう? 天才でしょ”って、にこにこして胡座が組めるくらいの大きな人間になりたいとも思っているけど、正直そうはならないし、大抵、どんなに才能があっても、認められてても、絶対満足しないし、人のことを羨ましく思うんですよ」
「そうした中で、自分の最愛の人をも傷つけてしまう。人に対する甘えですよね。一番理解してくれる人を裏切ってしまうというのは、作り手なら誰もが感じるところなんじゃないでしょうか。もちろん作り手だけでなく、男女によくあることですよね。もともとは幸せにしたいとか、かっこよくありたいとか、子供の見本となる父でありたいとか。みんなそれが常にあるけれども、向上心のスイッチが違う方向へ入ったりすると、人を傷つけてしまう。恋愛劇の何にも代え難いと思うのは、そうした甘えと愚かさ。かなり辛辣なラブストーリーだけど、人間みんなが経験していることが、この映画に詰まっているんです」
本作が純粋なラブストーリーに留まらないのは、演劇界を取り巻く社会的な視点があることだ。奇しくも現在、社会的な不安の中で、芸術・文化界は厳しい状況に直面している。
行定「“好きなことをやって苦しんでいるんだから”という社会の冷たい目が明らかにありますよね。つまり、主人公は好きなことに苦しめられている。演劇が悪の元凶だって言っているわけです。特に演劇なんていう、エンターテインメントとか娯楽、芸術をやっている人たちは、社会から一番最初に切り捨てられるんですよ。昨今の新型コロナの件でも分かりますよね。“やるべきだ“と言った人に対するバッシングもあった。でも実は、みんなそういったエンターテインメントや芸術の尊さもちゃんと知っている。特別なものを作って、励まされたとか、感動したとか、そういう経験はあるんだけれども、“今ぐらいはやめなさいよ、あなたたち好きなことやってきたんだからさ”って。一番切り捨てられるだろう芸術という分野だから、主人公の愚かさが余計に露呈してるんです。主人公は一番あこがれ、尊敬できる場に魅せられているにもかかわらず、そういうところに苦しめられる。夢を追うとは、痛みを伴うものなんだ、というのが伝わればいいなと思いました」
自身の生きる世界だからこそ、行定監督自身、入魂の一作となった本作。大胆な演出にもそのこだわりが表れた。映画化作品において原作に忠実なスタイルを貫く行定監督だが、今回は映画オリジナルで表現したいものがあったからだ。
行定「僕は基本的に原作・作家に対する原理主義的なところがあって、なるべくそこを逸脱しないスタイルです。だけど、今回あるシーンをオリジナルで描いています。原作に惚れこんだうえで、読み終わった時点で、映画化するとしたら、ここはこうしたほうがより原作の意味合いが伝わるんじゃないかと、最初に浮かんだんです。ただの悲恋だけではない、未来につながっていくようなもの。それが感じられたので、『劇場』というタイトルにふさわしいものが、この映画でお返しできるんじゃないのかな、と。そのことを又吉さんに伝えたら、非常にニュートラルに受け止めて、“楽しみにしています”とおっしゃってくれて、ほっとしました」
新しい山﨑賢人、天才の松岡茉優
主人公・永田を演じた山﨑賢人、ヒロイン沙希を演じた松岡茉優についても語った。
行定「山﨑くんは、脚本を渡したときに“絶対この役をやりたい”と言ってくれたんですよね。だから、彼のスケジュールに合わせて、撮影を待ちました。僕が彼に望んだのは“新しさ”。今までにこうした役をやっていない人がいいと。ふと直感で、彼は“ヒゲ生えるかな?”と思って、プロフィル写真にヒゲを描いてみたんです。そうしたら色気がある。いい顔になるぞと。やっていくうちに彼も自分なりの永田像が出てきて、すごくいい顔をする。目の動きとか、焦点が定まらない感じとか、歩き方とか。永田を感じながら、いいところをつかんでいってました。そんな山﨑から永田を引き出す一番の要因となったのは、松岡茉優です。彼女は想像力豊かに、ぎりぎりのあざとさを惜しげもなく出してくる。最初のころ、やたら髪の毛を触るので“なんだろう?”と思っていたんですが、見ていくうちに、これは役なんだと。沙希の自我として、癖をつけたかったんですね。それを、ほどよく映像に入れてみると非常に効果的でした。物語が進むにつれ沙希は何かを失っていく。最後には見事に削ぎ落とされて、全部なくなっていく。ああ、天才だなと。2人のバランスも良かったですね。スロースターターな山﨑に対して、最初からピッチを上げていく松岡。対照的な2人は見ていて面白かった。見事だったと思います」
若い男女の恋愛映画でありながら、恋や夢を追いかけた誰にとっても心に触れるものがある。本作の魅力を改めて語った。
行定「誰にでも世の中に認められていなかったころはあったと思うし、誰かに認められたと思った時期もあったと思います。永田はそれを支えようとした女性に出会って、お互いに支えようとしたけど、支えきれなかった部分もある。そういう、愛し合っていても、うまくいかなかった恋を経験した人たちには、きっと心に刺さる部分があると思います。2人の生き方は、どうしようもなく胸に迫る。そういうところをぜひ感じていただければと思います」
(TOKYO HEADLINE・丸山裕理)
『劇場』
監督:行定勲 出演:山﨑賢人、松岡茉優、寛 一 郎 他/配給:吉本興業/7月17日(金)より全国公開/配信 https://gekijyo-movie.com/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.