画像: 今年は天然氷が希少!銀座ロフトにひと夏のかき氷「中町氷菓店」登場

今年は天然氷が希少!銀座ロフトにひと夏のかき氷「中町氷菓店」登場

本格的な夏の到来はもう少し先になりそうだけれど、夏になると恋しくなるスイーツのひとつが「かき氷」。そんな「かき氷」を愛する人のために、銀座ロフトでは今年も「蔵元八義(くらもとやつよし)の天然氷のかき氷 中町氷菓店」ポップアップストアがオープンする。
「天然氷のかき氷 中町氷菓店」は、一日350杯を売り上げるほどの人気を誇る長野県松本市「NAKAMACHI CAFE」の夏季限定店舗。南アルプス八ヶ岳の蔵元「八義」が、冬の厳しい寒さで時間をかけて凍らせた「天然氷」のみを使用し、プロの削り手によってふわふわで口の中でホロリととろける「かき氷」が味わえる。じっくり時間をかけて凍らせるので、純度が高く気泡のない透明な「天然氷」が出来上がり、硬くて溶けにくい氷だからこそブレードで薄く削れるのだそう。「天然氷」は冬場に作った氷を「氷室(ひむろ)」で貯蔵して夏を待つのだが、現在、日本に残る「氷室」はわずか5軒のうえ、今年は暖冬の影響で生産量が半減して「天然氷」が非常に希少なのだとか。
早速、4種類のメニューの中から編集部のおすすめを紹介しよう。銀座ロフト初登場となる「信州塩スイカ」は、長野県産の大玉スイカをそのまま絞ったシロップに、メキシコ産のピンクソルトがアクセントを添え、さらに甘さ抑えめの練乳を加えている。岩塩の塩けでスイカの自然な甘みが際立って、湿気が多くて汗ばんだ際のミネラル分補給にもぴったり。カットスイカがひと切れ丸ごと載っているところも贅沢!
土・日・祝日限定の「銀座シトラスミント」は信州産蜂蜜に漬けたレモンを、ライム果汁と銀座ロフトが入るビルの屋上緑地「銀座ルーフガーデン」で育てた無農薬フレッシュミントと共にシロップに仕立て、安曇野ミルクで作った爽やかなヨーグルト練乳を加えた一品。皮ごと使用したハニーレモンのほろ苦さとシャリシャリした食感、ヨーグルト練乳の酸味とのハーモニーがまるでグラニテのよう。採れたてのみずみずしいミントで気分もリフレッシュ。
そのほかに蔵元さんお気に入りの人気No.1「信州生夏秋イチゴ」と、定番人気の「宇治金時」が登場。どのメニューも「天然氷」ならではのふわふわで、ゆっくり溶けていき、頭が痛くなりにくいのがうれしいところ。新型コロナウイルス対策として席数を減らし、安心安全な「かき氷」を楽しめるよう配慮されている。希少な「天然氷」を使った「中町氷菓店」ポップアップストアは銀座ロフト1Fカフェ「ロフトフードラボ」にて8月2日まで。
「蔵元八義の天然氷のかき氷 中町氷菓店」ポップアップストア
【期間】2020年7月18日(土)~8月2日(日)
【時間】11〜21時
【会場】銀座ロフト1F カフェ「ロフトフードラボ」(東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館 銀座ロフト1Fカフェ&フード)
【URL】https://www.instagram.com/loft_ginza/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.