画像: 三代目JSB 山下健二郎、最新主演作『八王子ゾンビーズ』公開でアノ作品に闘志メラメラ!

三代目JSB 山下健二郎、最新主演作『八王子ゾンビーズ』公開でアノ作品に闘志メラメラ!

三代目 J SOUL BROTHERSの山下健二郎が主演する映画『八王子ゾンビーズ』が公開、その舞台挨拶が18日、都内で行われ、山下、久保田悠来、藤田玲、牧島輝、松岡充の主要キャストと、鈴木おさむ監督が登壇した。
6月5日の公開が新型コロナウイルスの影響で7月17日に延期に。話題の映画『「今日から俺は!!劇場版』と公開日が同じになった。山下は「それに勝ちたいと思います」と闘志メラメラ。久保田は「それにともなって、僕たちの(映画の)サブタイトルを思いついたんです。『昨日から俺たちは!!』っていう」とぶち上げた。
2018年8月に上演された鈴木おさむ脚本・演出の同名舞台を、監督ら自ら映画化。見どころについて聞かれた監督は「んー、注目ポイントはイケメンのゾンビのアップ。やっぱり舞台だと......」。すかさず山下が「俺関係ないですね、それ」とつっこむと、「...と、健二郎くんのアップです」と大慌てだった。また映画のほうが、ダンスの細かい部分まで見えることも強調した。
映画は、山下演じるダンサーになる夢に破れた青年が、自分を見つめなおすために、八王子の山奥にある寺で修行体験をすることになって展開していく物語。主人公は“訳あり”イケメンゾンビ集団「八王子ゾンビーズ」に遭遇、彼らに満月の夜にダンスすることで成仏できると説得され、ダンスレッスンをすることになる。
山下らキャストも大部分が舞台からの続投。舞台を作っていたときのノリがそのまま映画に持ち込まれ、撮影をしながら作っていく部分もあり、キャストに委ねられる部分も多かったよう。「カメラが回って本番にならないと誰もわからない状況でエチュードに近いようなことになったこともある」と山下。藤田は「見ていただいたら分かると思いますけど、普通に僕たち笑っていますからね」。鈴木監督は「放っておくと男子校のノリになる」と笑った。
松岡は映画からの参加。「仲良く見せてるだけで、現場は殺伐としていて、すごい緊張した。目でケンカを売ってくる......でも健二郎くんだけは釣りの話をしてくれる。台本覚えたいのに釣りの話を......っていうようなことを普通に言いあえる男子校みたいな感じでした(笑)」。松岡は、挿入歌も担当している。
イベントのシメを任された牧島は「みなさん、応援よろしくお願いします」とポーズを決めた。
全国公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.