画像: 元K-1の皇治がついにRIZIN参戦発表。榊原氏が「9日に出て」と公開オファー【RIZIN】

元K-1の皇治がついにRIZIN参戦発表。榊原氏が「9日に出て」と公開オファー【RIZIN】

「ファンに新しい景色を見せると約束した。男が言ったことを貫こうと思ってここに来た」
元K-1ファイター・皇治(TEAM ONE)のRIZIN出場が7月18日発表された。
皇治はこの日、都内で行われた「RIZIN.22」「RIZIN.23」の第2弾カード発表会見の後に第2部として榊原信行RIZIN CEOとともに会見に臨んだ。
皇治は「K-1から来た皇治です。自分は31歳なんですが、ここで一丁前に喋れているのはK-1のおかげ。K-1があったから今の自分がある。自分はK-1選手としてここに来たいと思って、ずっと話し合いをしてきたが、それはセ・リーグの選手がいきなりパ・リーグには行けないのと一緒でルールがある。それについては何もない。自分は最後のチャレンジだと思って、シルバーウルフという大事な練習場所も失い、違約金も払って出てきました。なぜ、愛するK-1を捨てて、31歳になってまでこういうことをしたかというと、ファンと約束したから。俺のなかで一番大切なのはK-1もだが、ファンも大切。新しい景色を見せると約束したので、男が言ったことを貫こうと思ってここに来た」とここまでの経緯について語った。
そして「自分が動いた理由はもう一つあって、それは武尊と天心。ファンが一番望んでいるカードはこれやと思う。天心も武尊も俺は尊敬している。若いのに大きな団体やいろいろなものを背負って戦っている。でもあいつらの人生は1回しかない。だから後悔してほしくない。おじいちゃんになったときに絶対に後悔すると思う。“あの時にやっておけば良かった”って。それだったら、大人どうこうではなく、自分たちの力でファンのために動いてほしいと思っている。それをあの2人はできると思っているし、ファンの前でも“やる”と公言しているので、必ずやってほしいと思っている。微力ではあるが、ちょっとでも力になれれば俺は光栄だと思っている」と続けた。
「寝技の選手も立ち技の選手も関係なく盛り上げていきたい」
「ということを喋りに来ただけなので、俺は戦わなくてもいいんで(笑)」と言う皇治に、ここで榊原氏が9日の「RIZIN.22」への出場を公開オファー。
RIZINではもともと8月16日に大阪での大会を計画していたのだが、新型コロナウイルスによる影響で会場に半分の観客しか入れられないことや外国人選手の来日が難しいことから開催を断念。当初はその大阪大会で皇治がRIZIN初参戦を果たす予定だったという。
皇治は突然のオファーに「この後に裏で(笑)」とかわしながらも「日本が、世界がこんな時期なので、自分らが盛り上げないといけないと思っている。そんなときにRIZINもK-1も野球もサッカーも関係ない。みんなが一丸となって盛り上げないといけない。俺は俺なりに盛り上げるし、武尊も天心も必死になって動いていると思うので、みんなに変わらず応援してもらって、日本を元気にしましょう、という感じです」と出場に前向きな姿勢を見せた。
RIZIN参戦にあたっては「K-1に居る時から変わらない。目立っている奴を食ったろうという感じ。タケポンと天心がもたもたしているんだったら、俺が先に天心を食ったろうと思っている。俺の人生はチャレンジなんで、勝敗予想なんてどうでもいい。RIZINはおもろい。“そことそこやらすか?”というカードが多い。そういうのもやっていけたらいい。寝技の選手も立ち技の選手も関係なく盛り上げていきたい。ベッピンやったら寝技もします(笑)」と話した。
「今でもK-1を愛している。K-1で引退試合をするのが理想」
K-1とは3年契約があったが破棄し、違約金を払う形で離れた。
皇治は会見には旅行用のバッグを転がしながら入場したのだが「K-1とは喧嘩もしていないし、今でもK-1を愛している。旅行用のバッグを持ってきたのは、しっかりやることをやって、あわよくばK-1に帰って、引退試合でもできたら理想だなと思っているから」と変わらぬ“K-1愛”を強調した。
K-1離脱にともない練習拠点としていたシルバーウルフからも今年3月に離れ、現在は元K-1ファイターの左右田泰臣氏が開いたフィットネスジムで練習しているという。かねてから親交のある元ボクシング世界王者の内山信二氏にも「ずっと教えてもらっています」とのこと。
皇治が「内山兄貴がRIZINに出たら一番盛り上がる」と言うと、榊原氏が「オファーしたことがある」と漏らす場面もあった。
そして皇治は「K-1の時と変わらず、ファンが一番だと思っている。皇治軍団とともにRIZINのリングでしっかり盛り上げて、ともに戦って、ともに進んでいきたいと思っているんで応援してくれるとうれしい。ファンを愛している。男が一度言ったことは貫かないといけないと思っている。あとは天心君と武尊君に頑張ってほしいと思っているので温かい応援をお願いします。RIZINのリングでは“そこやる?”というようなびっくりするカードをやっていきたいと思っている。みんなで盛り上げましょう」と会見を締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.