画像: 舘ひろし、マイナポイントCMで着ぐるみに「誇りを持って頑張りたい」

舘ひろし、マイナポイントCMで着ぐるみに「誇りを持って頑張りたい」

舘ひろし、深川麻衣、お笑いコンビずんの飯尾和樹が21日、都内で行われたマイナポイント事業のCM発表会に出席した。7月1日から申し込みがスタートした同事業の魅力を語り、広くアピールした。
CMは、3人が同事業の広報部のメンバーに扮して申し込み手続きを呼びかける内容。舘は着ぐるみ姿で登場し、ユーモラスなやりとりにも注目だ。飯尾は「2人の後ろにいる設定だったんですけど、小学校5~6年生の2人を見ているようで、弾けている感じが楽しかったです」。
着ぐるみで出演することについて舘は、「電話で渡(哲也)と話しまして、総務省さんのコマーシャルをやらせていただくんですけど着ぐるみを着るんですよ、恥ずかしくてと申しましたらね、『お国の仕事、誇りを持ってやれと言われた』」と明かし、「誇りを持って頑張りたいと思う」。
深川は「またいつか作品で舘さんとご一緒出来たらうれしいですけど、着ぐるみ姿の舘さんとご一緒出来る機会は、これから先ないかもしれないと思うと貴重な機会だったと思います」。
深川の着ぐるみ姿について聞かれた舘は「可愛い方が可愛い格好......勝手にしろって感じ」。飯尾は「本当ですね!」と意気投合していた。
マイナポイント事業は、消費の活性化とマイナンバーカード、キャッシュレス決済の普及を後押しすることを目的とした事業。マイナンバーカードを取得したうえで、一定の手続きをすることで、9月以降に指定したキャッシュレス決済サービスで2万円のチャージもしくは買い物をすると、1人あたり上限5000円分のポイントが付与される。
飯尾は、「ラーメンに1000円以上払いたくないというのがありまして、近所の気になるラーメン屋さんで具を全部乗せすると1300円なんですよ。そういうの、普段では出しづらいのに使ってみたい」と、前のめり。
司会者が「ポイントを何に使うか事前にフリップに書いてもらったので」と質問すると、深川は「トースターがほしい。魚焼きグリルでパンを焼いているんですけど、気をつけていないと焦げてしまって......パンを焼く専用のトースターがほしい」。舘はまた「かわいくて、勝手にしろって感じ(笑)」。
飯尾は熱っぽく語ったラーメンではなく「スターフルーツ、などなど」。自分で買うまでいかないものを贅沢に買いたいという。さらに「......あればの話なんですけど、芸能人としての華が売っていたら買いたい、オーラがほしい。5000円相当の」と話し、笑わせた。
舘は「苺アイス」。最近ハマっているそうで、「保守的なのでいつもバニラなんですけど......。冷蔵庫に10個ぐらい入っています。僕は夜いつもアイス......」、キュートな笑顔をみせていた。
CMは27日からオンエア。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.