画像: バッティングで顔をはらした菅原美優「相手のおでこもはらしてしまった。それは防げた」と涙【Krush.115】

バッティングで顔をはらした菅原美優「相手のおでこもはらしてしまった。それは防げた」と涙【Krush.115】

「女子アトム級王座決定トーナメント」決勝進出の菅原とMOEが会見
「Krush.115」(7月21日、東京・後楽園ホール)の一夜明け会見が7月22日、都内で開催され、「第3代Krush女子アトム級王座決定トーナメント」の決勝に進出したMOE(若獅子会館)と菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が出席した。
準決勝の第2試合で優(北斗会館押上道場)に判定勝ちした菅原は左目の下を大きくはらして登場した。
試合については「感謝の気持ちでいっぱい。勝てて良かった。結構...落ち込んでいる。いい部分としては練習してきたところや、今までとは違う戦い方ができたということはあるが、バッティングが多くなってしまったのが反省点」と振り返った。
試合ではパンチで前に出る優と菅原の頭が再三ぶつかり、試合はバッティングでしばし中断した。菅原はバッティングで警告を受ける場面もあったのだが「アマチュアの頃から今の階級では背が高いほう。女子の選手はパンチで前に出てくることが多くて、顔のあたりに潜り込まれてくるのが嫌で、そうなるともぐり返す癖があって、それが出てしまった」と反省の弁。
「自分にもっとボクシングスキルがあれば...反省でいっぱい」
決勝へ向けての強化ポイントとしては「今回、やっとやりたいスタイルを見つけて試合に挑んだので、それを完璧にするというか、しっかり試合までに仕上げていくという感じ」とし、対戦相手のMOEについては「パンチも蹴りもバランスが良くて、オールマイティ―な選手。パワーはそんなにないのかな?というイメージ」と話した。
決勝については「本当はもっと準備をしてからタイトルマッチをやりたかったが、せっかくこういうチャンスが来たので、取れるところはしっかり取っていきたいと思っている。残る期間しっかり練習して仕上げたい」とタイトルへ向けて“欲”を見せた。
また顔のはれについては「一睡もしていない。顔が痛くて、眠れなかった。“すげえ顔だな”って思った(笑)」と一瞬笑顔を見せたものの、「自分の顔を見ても思ったし、相手のおでこもはらしてしまった。それは防げたケガ。自分にもっとボクシングスキルがあって、あんなに中で戦わないて、外で戦えればこんなことにはならなかったなと反省でいっぱい」と涙ぐむ一幕もあった。
MOE「Krushの王者に恥じない試合をしたい」
準優勝の第1試合でチャン・リー(K-1ジム五反田チームキングス)に判定勝ちしたMOEは「昨日は勝てて良かった。チャン・リー選手は思っていたよりやりにくかった。しっかり対策もしてきていて、強かった。良かったところはボディーを出せたところや、フェイントを出せたところ。悪かったところはたくさんあるが、あまり前に出られなかったところ」などと試合を振り返った。
決勝に向けては「強化したいところは全部。試合の解説でも言われていたが、倒せるパワーが欲しい。もっと圧倒的な強いところを作ろうと思う」と話した。
決勝で対戦する菅原については「手も足も長い。リーチが長くて、距離が遠いと思う。パンチも前より上手くなってる。強そう」、自分が上回っているところとして「テクニックは私のほうがあると思う」などと分析した。
決勝については「優勝して当たり前のトーナメントと何度も言っているが、必ず優勝します。Krushの王者に恥じない、相手を壊すようなKOするような試合をしたい」などとKO勝ちでの戴冠を約束した。
決勝の日程について中村拓己プロデューサーは「2人のダメージの状況をみながら決勝戦を行う日程を決めたい。2人とも若い選手なので、練習していく中でスキルアップもしていく部分もあると思う。そういったことも含めて決勝戦の日時を調整したい」と話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.