画像: 堀井翼誤算!金子大輝との決着戦を前に全国の「金子さん」を敵に回す【Krush.116】

堀井翼誤算!金子大輝との決着戦を前に全国の「金子さん」を敵に回す【Krush.116】

異様ないで立ちの堀井が登場
「Krush.116」(8月29日、東京・後楽園ホール)の第2弾カード発表会見が7月22日、都内で開催された。
6月に行われた「Krush.113」で対戦し、反則決着となった堀井翼(K-1ジム五反田チームキングス)と金子大輝(K-1ジム大宮チームレオン)が早くも再戦することとなった。
前回、2人の戦いは公開練習を合同で行うなど試合前から異例の展開を見せていたのだが、試合も金子のインローやミドルキックが1Rに3度もローブローになってしまい、堀井の反則勝ちという前代未聞の決着となっていた。
堀井はその翌日に行われた一夜明け会見には呼ばれなかったが「勝者の特権」を振りかざし、強引に乱入。早期の再戦を一方的に主張していた。
この堀井の要求に中村拓己プロデューサーが「この因縁は早く終わらせたほうがいい」と判断し再戦が実現したのだが、この日の会見に堀井は遅刻。
やっと現れた堀井は首から上が大きな風船の中、という異様ないで立ちでツーショットに収まった。
金子がローブローについて「腰の位置が低かった」と釈明
会見の冒頭、金子は前回の試合についてファンや関係者に謝罪したうえで「再戦を組んでいただいて感謝しています。求められているのは完全決着だと思うので倒して勝ちます」とコメント。
金子のコメントを風船の中で聞いていた堀井は自ら風船を破ると「前回の試合同様、玉を割られちまったんだけど。まあ試合が決まったから、あとは決着つけるだけだよ」とコメントする。どうやらこの巨大風船は前回の試合で蹴られた睾丸とひっかけたものだったよう。
前回の試合について金子は「大変な時期から最初のKrushの大会ということで気持ちを入れて練習してきたが、試合自体が空回りに終わってしまい申し訳ない気持ちでした。調子自体は良かったが、気持ちが空回りしてしまうという人間的な未熟さが自分でも分かったので、修正すべく練習を重ねている次第」と平身低頭。
しかしローブローになってしまったことについては「思った以上に堀井選手の腰の位置が低かった...と言ったら失礼ですよね。すいません。ローブローが蹴りやすかったといったら、またあれか...」と経過説明。そして「とにかくローブローになるような打撃は一切しないということで、今回は練習しています。ローブローになりそうな打撃をしたときに、お叱りを受けるので、そこは徹底的に修正して次戦に臨もうと思っている次第です。堀井選手、申し訳ありませんでした」とローキックの封印宣言とともに堀井に謝罪した。
堀井は「足が短いんじゃねえ。玉がでかいんだ!」
これに堀井は「俺の足が短いみたいな言い方をしてるけど、そこは勘違い。でかすぎたんだよ」と反論。謝罪については「試合のことについては許すとか許さねえとかはないけど、足を短けえと言われたのは腹が立つ。腰の位置が低いんじゃなくて、でかいの。それだけ。そこを勘違いされると...。股間王として、そこはしっかりリスペクトしてもらわないと」とあくまで“玉はでかい”と主張する。
さまざまな遺恨が生まれてしまった2人だが、今回の試合については金子は「金子大輝といえばラウェイ王者。ラウェイの魅力をK-1やKrushのリングで発揮していくのが自分の使命だと思っているので、そこを徹底的に引き出していく。ラウェイサンダー、期待してください」とラウェイサンダーでの完全決着を誓う。ちなみに金子は前回の会見ではそれまでのミャンマーの衣装からスーツに替えて臨んでいたのだが、この日はミャンマーラウェイの選手が一番多い、カレン民族の衣装。原点に返っての戦いをアピールした。
堀井も「この間は不完全燃焼だったんで、今回こそはマジで10秒で終わらせる。パーン、パーン、チン、カーンみたいな感じ」と秒殺を宣言した。
金子「全国の金子さんにも申し訳ない。金子代表として頑張る」
この日はひたすら謝罪の言葉と反省の姿勢を見せていた金子だったが、会見の最後に自らマイクを握ると「足を短いと言ってしまって申し訳ないです。股間王ということなんですが、ツイッターとかに“完全復活した俺の金子”と書かれていたんですが、あれのことを金子と言うのはやめてほしいなと思っています。全国の金子さんにも申し訳ないんで、今回は金子代表としてしっかり頑張らせていただくという次第です」と全国の“金子さん”を代表して堀井に抗議。
これには堀井は「俺は金の王。俺の子供だから金子。ただそれだけだから」と苦しい言い訳。そして「もう帰る」と会見を勝手に終わらせ去っていった。
果たしてローキックを封印して戦う金子に勝ち目はあるのか? そしていつの間にか全国の金子さんを敵に回していた堀井の運命は...?
この日はこの試合の他にバンタム級王座を返上した佐々木洵樹(POWER OF DREAM)のスーパー・バンタム級初戦、クルーザー級のRUI (K-1ジム蒲田チームキングス)vs谷川聖哉(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の2試合が合わせて発表された。
「Krush.116」(8月29日、東京・後楽園ホール)
〈この日発表されたカード〉
◆Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
佐々木洵樹(POWER OF DREAM)vs龍斗(K-1 GYM横浜infinity)
◆Krushクルーザー級/3分3R・延長1R
Rui(K-1ジム蒲田チームキングス)vs谷川聖哉(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
◆Krushライト級/3分3R・延長1R
堀井 翼(K-1ジム五反田チームキングス)vs金子大輝(K-1ジム大宮チームレオン)
〈既報のカード〉
◆第7代Krushウェルター級王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R
近藤魁成(大成会館)vs海斗(ポゴナ・クラブジム)
◆第7代Krushウェルター級王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R
松岡 力(K-1ジム五反田チームキングス)vs加藤虎於奈(TEAM TOP ZEROS)
◆第7代Krushウェルター級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.