画像: KO-D無差別級王座V2の遠藤哲哉がケニー・オメガとの防衛戦を熱望【DDT】

KO-D無差別級王座V2の遠藤哲哉がケニー・オメガとの防衛戦を熱望【DDT】

シューティングスター・プレスで上野から3カウント
DDTプロレス「Summer Vacation 2020」(7月23日、東京・後楽園ホール)のメインでKO-D無差別級王者の遠藤哲哉が挑戦者・上野勇希を破りV2に成功し、ケニー・オメガとの防衛戦実現を熱望した。
DDTにとっては3月20日以来、4カ月ぶりとなる後楽園大会。その間に、田中将斗(ZERO1)を下して、無差別級王座を奪還した遠藤は、6月13日配信の無観客興行で「いつでもどこでも挑戦権」を行使した上野を下して初Vに成功。その上野を再び挑戦者に迎え、V2戦に臨んだ。
序盤はじっくりとしたグラウンドでのレスリングの攻防を展開。10分過ぎ、激しいエルボー合戦が繰り広げられたが、上野が場外めがけて、遠藤をウラカンラナで投げ捨てる荒技を敢行。さらに、上野は場外の遠藤に向けて、最上段からのムーサルトアタックを繰り出した。戦場がリングに戻ると、一進一退の攻防が続いたが、上野はハーフネルソンスープレックス、フライング・ボディアタックなどで攻め立てたがフォールは奪えず。最後は遠藤がリストクラッチ式の変形リバース・パワーポムの新技で上野の脳天をマットに突き刺すと、シューティングスター・プレスを繰り出して、3カウントを奪取。上野の連続挑戦を今回も退けた。
昨年11月の両国大会でのオメガのコメントに怒り
試合後、今林久弥アシスタントプロデューサーが「次の挑戦者は、『KING OF DDT』の優勝者。11月3日の大田区(総合体育館)で受けてもらいます。遠藤選手が優勝したら、指名してもらう」とアナウンス。
それを聞いた遠藤は「無差別級を懸けて試合したいランキング3位は武井壮、2位は橋本環奈、1位は長瀬智也(TOKIO)。同率1位がケニー・オメガだ。オレが必ずトーナメントで優勝して、DDTのリングにオメガを呼んでやる。そして、宮城県白石市出身のオレだけど、第二の故郷・後楽園ホールに、必ず、このベルト巻いて戻ってくる」と宣言し、ケニーとの防衛戦構想を口にした。
オメガの名前を出したことについて遠藤は試合後の会見で「トーナメント優勝して、ケニーをDDTのリングに呼んでやるよ。オレは忘れていないからな。(昨年の)11月4日、(両国国技館大会の)一夜明け会見で言われたこと。一字一句、忘れてないから。根に持つタイプだから」と話した。その際、ケニーは遠藤に対して、辛らつなコメントを残していた。
これを受けDDTの高木三四郎社長は「こういう状況なので、どうなるか分からないですけど。彼がトーナメントを勝ち上がったら、かなえなきゃいけないのかなと思います」と語った。
「Summer Vacation 2020」(7月23日、東京・後楽園ホール)
◆オープニングマッチ 30分一本勝負
○高尾蒼馬&マッド・ポーリー(3分53秒、片エビ固め)納谷幸男&中村圭吾●
※ランニング・エルボーバット
◆第二試合 30分一本勝負
大鷲透&吉村直巳&●平田一喜(8分45秒、エビ固め)男色ディーノ&スーパー・ササダンゴ・マシン&立花誠吾○
※イケメン落とし
◆第三試合 DDT EXTREME級選手権試合~特別ルール 60分一本勝負
〈王者〉○青木真也(9分49秒、ヨーロピアンクラッチ)魔苦・怒鳴門●〈挑戦者〉
※第48代王者が4度目の防衛に成功。
◆第四試合 30分一本勝負
クリス・ブルックス&○ドリュー・パーカー(11分7秒、片エビ固め)佐々木大輔&島谷常寛●
※スワントーンボム
◆第五試合 KO-D6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
〈王者組>樋口和貞&○坂口征夫&赤井沙希(12分34秒、腕極め三角絞め)HARASHIMA&アントーニオ本多●&里歩<挑戦者組〉
※第41代王者組が初防衛に成功。
◆セミファイナル 準烈vsALL OUT全面対抗戦! 30分一本勝負
○秋山準&大石真翔&渡瀬瑞基&岡谷英樹(17分21秒、片エビ固め)竹下幸之介●&彰人&勝俣瞬馬&飯野雄貴
※リストクラッチ式エクスプロイダー
◆メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
〈王者〉○遠藤哲哉(21分45秒、片エビ固め)上野勇希●〈挑戦者〉
※シューティングスター・プレス。第75代王者が2度目の防衛に成功。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.