画像: 映画『破壊の日』初日舞台挨拶で窪塚洋介が新型コロナによる自粛ムードに「“病は気から”。暗くなるのはやめましょう」

映画『破壊の日』初日舞台挨拶で窪塚洋介が新型コロナによる自粛ムードに「“病は気から”。暗くなるのはやめましょう」

「豊田さんは常に破壊してきた監督。この時代にしかできない表現をしている」
映画『破壊の日』の初日舞台挨拶が7月24日、東京・渋谷のユーロスペースで行われ、出演した窪塚洋介が新型コロナウイルスの影響でエンターテインメントに対していまだに自粛ムードがある世間の空気に疑問を呈した。
同作は『泣き虫しょったんの奇跡』『狼煙が呼ぶ』の豊田利晃監督の最新作。当初は2020年7月24日の東京オリンピックが開催される日に公開日を定め、映画製作と共に進むプロジェクトとして開始されたのだが、オリンピック自体が新型コロナウイルスの影響で延期に。そしてその新型コロナ禍の猛威も含め、脚本を書き換えたうえで緊急事態宣言解除後の6月22日にクランクイン。7月22日に完成したという。
本作では疫病の噂が広がり、疑心暗鬼の中、心を病む者が増える田舎の村を舞台に、即身仏になるべく修行を続ける修験道者の若者・賢一の目を通じて、今日における「破壊」とは何か、「祈り」 とは何かといったことを自問自答を繰り返しながら日本に問いかける。
窪塚は「豊田さんは常に破壊してきた監督。僕が感じるのは、豊田さんの怒りというか何か壊したいという気持ちなんですけど。じゃあ俺は何に怒っているのかなと思ったら、今のムードというか、空気というか...。これ言っちゃってもいいのかな?」と前置きしたうえで「そんなに、暗くなるのはやめましょうよ。こういう映画だったり、自分が好きな音楽だったり。だって“病は気から”なんだから、そこをそぐなよ!ということを常々感じていました」と昨今またぶり返してきた“自粛ムード”に一言申した。
そして作品については「豊田監督は今まさに、この瞬間、この時代、この時にしかできない表現をしている監督であり、表現者だと思っているので、そのへんもひっくるめて、“楽しんで”という言葉があっているかは分からないがご覧になっていただければ」と話した。
渋川「映画の中ではいろいろなことが自由。映画を楽しんでもらえたら」
この日は主演を務めた渋川清彦を筆頭にマヒトゥ・ザ・ピーポー、イッセー尾形、窪塚、松田龍平、長澤樹、大西信満、飯田団紅、豊田監督が登壇。
豊田監督は冒頭「疫病退散がこの映画のテーマのひとつだった。それがまさかコロナという事態の中で作ることになるとは思っていなかった。撮影は6月22日にスタートして、30日にアップして一昨日に完成した。昔の映画の全盛期のような早さでできました。本当に7月24日に見に来ていただいて感謝している」と観客に感謝の言葉。
主演を務める渋川も「今は不自由な世の中で、本人は変なことと思わないで発言しているのに叩かれたりする。でも映画の中ではいろいろなことが自由なので、映画を楽しんでもらえたら幸いです」、映画初出演となるGEZANのボーカル、マヒトゥも「今は不要不急なもの以外はやっちゃいけないというムードがあると思うが、さっき監督も映画館に映画を見に気に来てくれてありがとうとおっしゃったんですが、映画監督は映画を作るということが当たり前のこと。今日この場所に来るということも勇気が必要だったかもしれないが、ここに来るということは切実だっただろうと思うし、そういう時間に自分も関われて幸せだった」と豊田監督同様、足を運んだ観客に感謝の言葉を述べた。
豊田監督「この映画はコロナの中で作った俺たちの祈りのような映画」
豊田作品の常連である松田は「こういう時代で、いろいろ思うところはありますが、こうやって呼んでもらえてうれしかったし、すごく元気をもらいました。映画の中で7年前のシーンがあって、そのシーンを撮ったときにはこういう形で映画になるとは想像していないでやっていて、それがこういう形で作品になったときに感慨深いというか、7年前と今とで何がどう違ったのか。それは僕自身の話ですが、芝居に対してだったり、自分の気持ちに対してだったり。そういうものを豊田さんに破壊してもらえるような作品。こうやって公開できて幸せです。ソーシャルディスタンスを続けていこうと思います」と話した。
最後に豊田監督は「コロナとか大変なニュースが増えている時代なのに、映画館に映画を見にきてもらってありがとうございます。この状態が続くと映画館もライブハウスも危ないと思う。映画館は安全だと思うんです。マスクをして飛沫も飛ばさない。早くもとに戻ることを祈っています。この映画はコロナの中で作った俺たちの祈りのような映画です。その祈りがみなさんに届くことを祈っています」と締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.