画像: 暑い日こそ無理しない!ササッと作れる楽チン冷やしメニュー

暑い日こそ無理しない!ササッと作れる楽チン冷やしメニュー

じめじめ暑さが続くこの頃、キッチンで火を使うだけでもぐったりの毎日。特に夏場は火を使いたくない、ササっと作りたい、毎日のレシピのマンネリを防ぎたいなど、悩みは尽きないもの。そこで、夏の料理の悩みを解決すべく、簡単で美味しいレシピが評判の料理研究家・河瀬璃菜さんが、時短で作れるちゃんぽんや火を使わない冷や汁など、夏のランチにおすすめのレシピをご紹介。簡単冷やしレシピで、ぜひ内側からカラダを涼しくして。
夏野菜のアーモンドミルク冷やしちゃんぽん
【材料(1人分)】
中華麺...1袋
オクラ...2本
ミニトマト...1個
とうもろこし...適量
豚ロース薄切り肉...100g
ごま油...適量
(A)アーモンドミルク...200cc
(A)水...100cc
(A)鶏ガラスープの素...小さじ1 (鶏ガラスープの素は大さじ1のお湯で溶かす)
(A)薄口醤油...小さじ2
(A)塩コショウ...少々
【作り方】
1. 鍋にお湯を沸かし、豚ロースの薄切り肉とオクラを茹でたら水に入れ、キッチンペーパーで水気をとる。
2. 1のお湯で中華麺を茹で、茹であがったら、冷水でしめる。
3. オクラは斜め薄切りにする。ミニトマトは半分に切る。
4. 器に2を盛り、(A)を注いだら、具材を盛り付け、ごま油をまわしかける。
【ポイント】
お肉やオクラを茹でたお湯で中華麺を茹でることで、手間が減り時短に。トッピングの野菜はお好みのものでOK!
アーモンドミルク冷や汁
【材料(1人分)】
きゅうり...1/2本
みょうが...2本
大葉...2〜3枚
ご飯...1膳
(A)アーモンドミルク...200cc
(A)鯖味噌煮缶...1缶
(A)すりごま...大さじ1
(A)醤油...小さじ2
【作り方】
1. きゅうりは斜め薄切りにする。みょうがは輪切りにする。大葉は千切りにする。
2. (A)をボウルに入れ、鯖味噌煮缶を崩しながら、混ぜ合わせる。
3. 2に1を入れよく混ぜ合わせたら、お好みでご飯にかける。
【ポイント】
夏の定番、冷や汁をアーモンドミルクべースにすることで、まろやかな仕上がりに。きゅうりやミョウガ、大葉など夏に美味しい薬味をどっさりと乗せれば、さっぱりと食べられる。ご飯ではなく、素麺など冷たい麺にかけても美味しい一品。
彩り野菜のアーモンドミルクポトフ
【材料(2人分)】
とうもろこし...1/2本
オクラ...4本
ズッキーニ...1/2本
人参...1/2本
じゃがいも...2個
ソーセージ...4本
オリーブオイル...適量
塩コショウ...少々
(A)アーモンドミルク...500cc
(A)水...300cc
(A)ローリエ...1枚
(A)コンソメ...1個
【作り方】
1. とうもろこしは5cm幅に切ったら、縦半分に切る。ズッキーニは輪切りにする。 人参じゃがいもは皮を剥いたら乱切りにする。
2. 中火で熱した鍋にオリーブオイルをひいたら、オクラ以外の具材を全て入れ、 塩をひとつまみ入れたら、全体に油が回るように炒め合わせる。
3. 2に(A)を入れ、一煮立ちさせたら弱火にし、蓋をして約15分煮込む。
4. 3にオクラを入れ、5分ほど煮込み、塩コショウで味を調える。
【ポイント】
オクラは最後に入れることで、クタクタになりすぎずに美味しく食べられる。暑いときは、冷蔵庫で冷やして、冷製ポトフにしてもOK。アーモンドミルクは牛乳や豆乳と違って加熱しても膜ができないので、煮込み料理にも最適。
河瀬先生コメント
これから暑い夏がやってきます。例年より夏休みが短いものの、遠出もできず子供と一緒に自宅でごはんを食べる機会も多いと思います。仕事や育児でヘトヘトになって、“料理する気力がない”なんてことも増えるはずです。ましてや、夏場にキッチンで火を使うのは本当に暑いです。ラクに、野菜がたっぷり摂れて、美味しいレシピで、毎日の暮らしに少しでも余裕やゆとりができればと思います。
料理研究家 河瀬璃菜さん
レシピ開発、商品開発、「食」の企画やコンサル、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など「食」にまつわるさまざまな仕事を手掛ける。料理初心者向けや、時短、ズボラ系のレシピを得意とし、料理ができない人でも作ってみたくなるレシピを提案する。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.