画像: 夏休み、親子でバディゴー!『劇場版ウルトラマンタイガ』主演・井上祐貴インタビュー

夏休み、親子でバディゴー!『劇場版ウルトラマンタイガ』主演・井上祐貴インタビュー

新世代のウルトラマンシリーズ最新作『ウルトラマンタイガ』がいよいよスクリーンでクライマックスを迎える! 歴代ウルトラマンたちの中でも屈指の人気を誇るウルトラマンタロウ。その遺伝子と使命を受け継ぐ息子ウルトラマンタイガを務めた主演・井上祐貴が歴代ウルトラマンたちとの絆を語る!
「まだ自分の中には“タイガ”が残っていますね(笑)」とさわやかな笑顔の井上祐貴。半年にわたり、タイガ、タイタス、フーマを宿す主人公・工藤ヒロユキを演じ、幅広世代に人気を博す注目株。
「半年の撮影の中で、ウルトラマンシリーズそのものに対しても、ウルトラマンタイガという作品に対しても愛情がどんどん増していきました。特撮が、どれほど手をかけて作られているのかということも、撮影が始まってから現場を通して知りました。現場では、スタッフの皆さんの情熱がひしひし伝わってくるので、僕らももっと頑張らないと、と常に思っていました。とくに今度の劇場版は歴代のウルトラマンが大集合するので、スタッフの皆さんも本当に大変だったと思います」
ウルトラマンタロウと、その息子ウルトラマンタイガの親子の葛藤が描かれる物語は“タロウ世代”の大人ファンも引き付けた。
「“タロウの息子”という設定がどれほど大きいものなのか、最初に知ったのはタイガをやると両親に伝えたときでした。タイガってタロウの息子らしいよと言ったら、すごいテンションが上がって、ということは“父”の“孫”か!?って(笑)。その後、イベントなどが開催されると、タロウ世代と思われる方々が多く見に来てくださっていたりして、そういうところから、“あの”ウルトラマンタロウの息子を演じるということの重大さを、実感しました。それによって大きなプレッシャーや責任感も感じたのですが、最初に市野龍一監督から“ヒロユキやタイガと一緒に成長していってほしい。そして最後に、見ていてくださった方々からヒロユキたちも成長したなあと思ってもらえればいいね”というお話をしていただいたんです。そのおかげで変に力むことなく挑むことができたと思います」
半年のTVシリーズが終了し、物語のクライマックスが描かれる『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』がついに公開。本作では、ギンガ、ビクトリー、エックス、オーブ、ジード、ロッソ、ブルというニュージェネレーションヒーローズ7人のウルトラマンの集結も見どころの一つ。
「僕も主人公として、これまで主演を務められた先輩たちと劇中で会話したり、一緒に変身したりできるということに、すごく感動しました。僕も歴代の作品を見ていましたし、歴代の主人公の皆さんと一緒にお芝居ができるというのはうれしかったです。現場では、それぞれの変身シーンの話で盛り上がっていました(笑)。タイガはわりとシンプルなほうですが、複雑な変身ポーズの人もいるので、どんな感じでやってらっしゃったんですか、と伺って教えて頂いたりしていました」
井上から見た“先輩”たちの素顔はどんな感じ?
「平田雄也さん(湊カツミ/ウルトラマンロッソ)は本当に役のままで、僕にとって一番“アニキ”感を感じた方でした。小池亮介さん(湊イサミ/ウルトラマンブル)も役のイメージのままで、自由な感じ(笑)。2人のやりとりを見ていると、1年一緒にやってきた2人ならではの空気感があって、すごくいいなと思いました。濱田龍臣さん(朝倉リク/ウルトラマンジード)はひと言で言えばウルトラマン博士(笑)。一緒に写真を撮ろうとしたんですが、ヒロユキ君はタイガのポーズをやってね、僕はタロウのポーズをするから、と言って、その場でタロウのポーズが出るんです。なんならタイガのポーズも僕より詳しいのではと思うくらいの、博士です(笑)。
石黒英雄さん(クレナイ ガイ/ウルトラマンオーブ)はオンオフの切り替えがきっちりしていて、オンのときは楽しいムードメーカー。劇場版では新しい変身アイテムが登場するのですが、石黒さんはアイテムの見せ方にもこだわりをしっかり持っていらっしゃる方なので、どうやったらもっとかっこよく見えるか伺って、アドバイスを頂きました。
高橋健介さん(大空大地/ウルトラマンエックス)は“イケボ”(笑)。ミュージカルでも活躍されているせいか、すごく声が通るんです。ドラマでも、変身シーンのときの“エックスー!”がどんどんかっこよく通るようになって。それが生で聞けてうれしかったです。
宇治清高さん(ショウ/ウルトラマンビクトリー)は、年末年始のステージイベントにゲストで来てくださったときに、いろいろお話させていただきました。役では寡黙なイメージだったんですがご本人はすごく話をされる方で、筋肉トークもたっぷり聞かせていただきました。最近、鍛えすぎてしまって服が入らなくなったとおっしゃっていました(笑)。
根岸拓哉さん(礼堂ヒカル/ウルトラマンギンガ)は長身で頼もしい先輩。といっても実は僕と同じ年なんです。現場では先輩ウルトラマンとして、とても自分と同じ年とは思えない貫禄を感じました(笑)」
1年の間には、今回は登場しない過去のレジェンドたちとも会い、感銘を受けたと語る。
「先輩たちの姿を見ると一層、ウルトラマンとしての責任を感じます。つるの剛士さんや杉浦太陽さんとお会いする機会もいただいたのですが、本当に気さくでステキな方々で、自分もこんなふうになりたいと思いました。また企画で、当時ウルトラマンタロウを演じた篠田三郎さんと対談させていただいたのですが、夢にも思わなかったので、最初にその企画の話を聞いたときは本当にビックリしました。しかも、篠田さんもタイガを見ていてくださっていて、篠田さんの口から“タイガ”とか“E.G.I.S.”という言葉が出てくることに感激して篠田さんのウルトラマンへの愛情をとても感じました」
もちろん子供のころからウルトラマン好き。
「父がウルトラマン好きで、番組を撮りためていてくれて、それをよく見ていたんです。当時一番好きだったのはウルトラマンコスモス。単純に青が好きだったからなんですけど(笑)。子供って最初は見た目で選ぶんですけど、少し成長すると戦い方がポイントになってくるんです。戦闘のときは相手を傷つけないようにコブシを握らないところが、正義っぽくてかっこいい、とか(笑)」
そんな井上から見て、改めてウルトラマンタイガの魅力とは。
「これほど“中身”ができ上っていないウルトラマンは初めてだったんじゃないかなと思います。ときにはヒロユキよりタイガのほうが幼い言動をしたりするし(笑)。タイガの魅力は、いろいろなこと経験して成長していく姿にあると思っています。タイタスやフーマ、E.G.I.S.のメンバーたちに支えられながら、ヒロユキと一緒に成長して、地球人と宇宙人のかけはしになっていく。劇場版では、タロウとタイガの親子の物語がクライマックスを迎えるので、そこもぜひ見ていただきたいです。TVシリーズを見てくださっていた人はもちろん、タロウ世代の方も楽しんでもらえる劇場版になっていると思います。とくにタロウの勇姿が本当にかっこいいのでお見逃しなく!」
(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)
『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』
監督:市野龍一 出演:井上祐貴、諒太郎、吉永アユリ、七瀬 公、新山千春他/1時間12分/松竹ODS事業室配給/全国公開中 https://m-78.jp/taiga/movie/
©劇場版ウルトラマンタイガ製作委員会

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.