画像: 又吉直樹が渡辺大知と奈緒らに感謝「すごい気持ち悪いエッセイ」が切ない恋物語に!映画『僕の好きな女の子』公開

又吉直樹が渡辺大知と奈緒らに感謝「すごい気持ち悪いエッセイ」が切ない恋物語に!映画『僕の好きな女の子』公開

又吉直樹のエッセイを映画化した『僕の好きな女の子』が公開、14日、主演の渡辺大知と奈緒、玉田真也監督、そして又吉が揃って初日舞台あいさつに立った。新型コロナウイルスの影響で登壇者は別の場所からあいさつするリモート形式で、渡辺は「こんなに距離感のつかめない舞台あいさつは初めて...」と苦笑いしながらも、映画館で作品を鑑賞し終わったばかりの観客と切ない想いをシェアした。
又吉は原作となっているエッセイについて「すごい気持ち悪いエッセイ」と苦笑い。「取材など仕事で、どんな女の子が好きですか?とか、好みのタイプは?って言われた時に、正直あまりなくて。その時に好きな人が好きですとか言うと、こいつおもんないなと思われるじゃないですか(笑)。だから何かしら言わな!と考えるんですけど、このエッセイのなかで真剣に考えてみようと思いました」。さらに「試みとしては、中年男性が好きな女の子とのことを妄想するというすごい気持ち悪いエッセイ......」と続け、「映画のほうは玉田さんと役者のみなさんの力なんでしょうけど、切実になっていて、すごくうれしかった」。
恋人同士のように仲がいい脚本家の加藤と美帆の関係性を描く。加藤は現在の2人の関係が壊れるのを恐れて美帆への思いを告げられず、美帆は加藤を「すごく感覚の合う人」と感じているものの好きな人は別にいて......という物語。
加藤を演じる渡辺は「彼女(美帆)とのやりとりは地に足のついた感じというか、妄想のようで、実感の伴った妄想というか。肌で感じられるような妄想に映ればいいなと思いました」。また、自身は恋愛においては好きですと言ってしまうタイプだそうだが、「想いを伝えない二人というのも幸せのうちのひとつにも思えた。いい関係の2人が見えた」。
一方、美帆を演じている奈緒は「私は何もしないほうがいいのかなというか、あまり美帆に主観が入りすぎると、加藤さんから見た客観性が崩れてしまうような気がして、美帆さんが何を考えているのかをあまり考えないようにしてお芝居をしました」。また、「又吉さんの好きな女の子じゃなかったらどうしようと思いました」と笑って付け加えた。
「加藤がかわいそうなのは好きなことを伝えられないですし、“僕の好きな人は永遠に僕のことを好きにならない”っていうその状態が好きっていうのは......変態なんですけど」と又吉。自身もそれを子どものころからそれを繰り返してきたといい、「俺のこと好きじゃないなっていうのを見て、より一層好きになるっていう。好きな人が自分意外の誰かと楽しそうにしているのを見て、すごい苦しいんですけど、可愛いなあって思うんですよね。永遠に間近では見ることができない顔をしてるなって」。
司会者に聞かれて、恋愛が成就したとしてもそのなかで本当の意味で自身のことを好きじゃないなと思うところを見つけてまた好きになると話すと、登壇者は揃って苦笑いするしかないという空気に。
渡辺は「分かりますよ、分かりますから(自分は)そうならないように動いちゃうかもしれない。憧れてる側です、そういうふうにできるメンタル持ってない」。玉田監督も「話しているのを聞いて分かるけど、実感としては分からないというレベル。逆に、作っていくときに、客観的に取り組めたと思う」。又吉は「こんな正直な会はない!みんな部分的に共感してるけど、全体的にはしていない。それをみんな言うっていう!」と笑った。
「映画は作るところで終わりじゃなくて、お客さんに見てもらってそのリアクションがあって初めて終われる。ようやくこの映画、ここで終われるな、作り終えたという感じです」と、玉田監督。公開を迎え、まずはホッとした表情だった。
映画は公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.