画像: 江川優生がK-1王者& MVPとしての強烈なプライドを激白【K-1大阪】

江川優生がK-1王者& MVPとしての強烈なプライドを激白【K-1大阪】

椿原相手に約10カ月ぶりの実戦
「K-1 WORLD GP ‪2020 JAPAN‬」(‪9月22日‬、大阪・エディオンアリーナ大阪)に出場する江川優生(POWER OF DREAM)が8月14日、都内で公開練習を行った。
江川は昨年11月のK-1横浜大会で行われた「第3代K-1フェザー級王座決定トーナメント」では3連続1RKO勝ちで王座を獲得。しかし3月の「K'FESTA.3」はケガで欠場となってしまい、今回は約10カ月ぶりの実戦。-58kg契約のスーパーファイトで椿原龍矢(月心会チーム侍)と対戦する。
カード発表会見では欠場期間について「空いた分、フィジカル面でいい練習ができていた。大会に出ていないからといってダメだったわけではない。試合が楽しみ」などと話していたが、この日の練習では「疲れがピーク」と言いつつも力強いパンチにミドルキック、ヒザ蹴りを古川会長の持つミットに叩き込んだ。
練習後の会見では「今回の試合に向けて特別に何かし始めたということはない。いつも通りに追い込んでいる。いい練習はできている」と約10カ月ぶりの実戦ではあるが不安はないよう。
この間の練習については「3月に欠場となって、練習に復帰する時にコロナの影響で練習もまともにできない状況となってしまった。まともに練習を再開したのが5月上旬くらい。それまでは公園で練習したりで思いっきり練習できなかったので、やり切れてない感じがあったが、5月からは普通に練習できているので練習量は問題ない」という。
椿原については「戦うことになる選手だと思っていた」
ただ試合という確たる目標がない中で、試合よりきついといわれるPOWER OF DREAMの練習をしていたことについては「目標なしにひたすらきつい練習をやり続けるのはやはりきつかった。試合が決まりそうと聞いたときにはモチベーションが上がりましたけど、それまでは"何のために頑張っているんだろう?"という気持ちは内心ありました。でもこうやって試合が組まれてとてもうれしく思ってます」と欠場期間で精神的にも一回りの成長を遂げたよう。
対戦相手の椿原は格上の選手との対戦で高い勝率を誇る"下克上ファイター"なのだが、江川は「そういうところを持った選手なので簡単な相手ではないと思っている。自分のほうが上だが、そういうことはあまり考えず、自分も食われないようにという気持ちで戦っていこうと思っている。Krushで解説をしている時に(椿原の)試合を見ていて、その時から自分と戦うことになったらこうやって戦おうと頭の中で考えていた選手。階級を上げたと聞いたときに戦うことになる選手だと思っていた」と油断はない。対策も「頭の中ではできている」という。もっとも「こんなに早く対戦することになるとは思わなかった」とも付け加えた。また江川は昨年のトーナメントでフェザー級の常連外国人選手も軒並み倒してしまい、新型コロナで外国人選手の参戦がままならないなか、椿原がかつて江川を破った桝本翔也をKOで破り、上がってきたことについて「椿原選手が自分に勝った選手にああいう勝ち方をして上がってきてくれたことをうれしく思っている。そこに感謝して全力で倒しに行く」と語った。
名前を出されることすら納得がいかない
今回は武尊、武居由樹といったK-1の顔といわれる選手は出場しないことから昨年度MVPの江川にかかる期待は大きいのだが、「去年の1年で一気に立場が変わって背負っていくものが増えてしまったので、その分、負けられないという一心で今回もKOを狙いつつも勝ちに行こうと思っています。2019年のMVPを取った身として、今回はチャンピオンとしてではなく、K-1の看板選手として自分が試される一戦だと思っているので、K-1を背負って戦いたい」とその辺はしっかり自覚。
それどころか「チャンピオンというからには、"俺なら勝てる"と思う選手がいなくなるくらいにならなければ。"勝てる"と少しでも思われている時点で自分は納得がいってない。それ以上の化け物になりたい。自分の名前が出されなくなるような、勝てると思うことがバカバカしくなるくらいの化け物のような選手になりたい」と話す。
これからKrushでは江川が返上したベルトを巡って王座決定トーナメントが開催されるのだが「自分がトップにいる以上しようがないが、K-1の王者はKrushの王者より遥か上の存在だと思っている。これからKrushの王座を取る取らないといってる選手に名前を出されることすら自分はいらだっている。戦うことすらバカバカしくなるくらいの物凄い存在になりたい。Krushの王座を狙うくらいの選手にはそう思われたい」とK-1王者としてのプライドを見せた。
そして最後は「全力で最高のKOを、大阪の皆さんに届けられたら」とKO勝ちを約束して締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.