画像: 貴重なクレイ人形や撮影フィルムも!「ピングー」40周年、銀座で初の大規模展

貴重なクレイ人形や撮影フィルムも!「ピングー」40周年、銀座で初の大規模展

スイス生まれの“世界で一番有名なペンギン”と呼ばれる人気キャラクター「ピングー」。誕生から40周年を迎えたことを記念し、松屋銀座で「40周年記念 ピングー展」がスタートした。
南極に住む5歳のやんちゃなペンギンの男の子と、その仲間たちが繰り広げる日常をあたたかくユーモラスに描いた「ピングー」。スイスの映像作家オットマー・グットマンによるクレイ人形をコマ撮りしたストップモーション・アニメーションで、1980年に原型となるテストフィルムを制作、1987年にはパイロット版がベルリンフィルムフェスティバルで上映されて大きな反響を呼んだ。アニメシリーズは世界各国で放送されており、日本では1992年にテレビ放送を開始し、2017年には3DCGの新作「ピングー in ザ・シティ」が放送されたことも記憶に新しい。
そんな世界中で愛されるピングーの初の本格的な展覧会となる「40周年記念 ピングー展」。展示構成やメインビジュアルの制作にはアートディレクターの祖父江慎氏を起用した。祖父江氏は「なぞのピングー語、コミカルな動きとストーリー、落ち着くことのないユーモアの原点にたっぷり触れていただけるように時間や笑いを丁寧に分解して、ハッピーに展示いたします」とコメントを寄せる。会場入り口では、生き生きとフラフープを回す躍動感のあるピングーを捉えたメインビジュアルがお出迎え。エントランスに入るとオリジナルアニメーションが流れ、南極に住むピングーと仲間たちが勢揃いして彼らが暮らす世界に誘ってくれる。
「第1章 ピングー誕生秘話」は原作者のオットマー・グットマンにまつわるエピソードや制作資料、絵コンテなどの資料を初公開。オットマー直筆の字コンテやメモ表、ピングースタジオのスタッフが描いた愛らしいイラストの数々、唯一の日本人アニメーターである甲藤征史さんの逸話などを紹介する。「第2章 ピングースタジオとピングーのこだわり」ではアニメのワンシーンを再現したジオラマやスタジオで使用していた撮影台の模型など、制作過程や撮影方法の秘密に触れることができる。
「第3章 クレイの部屋」は伸縮自在なピングーの動きを変形するクレイフィギュア「時間オブジェ」として展示。洗濯物を干すためにグーンと伸びたり、パパにおねだりするために平たく潰れたり、ユニークな体の動きに思わずクスリとしてしまうこと必至。クレイの小道具やピングースタジオの内部映像など貴重な展示も。最後の部屋「第4章 3DCGアニメーションとこれからのピングー」では日本で制作した3DCGアニメーション「ピングー in ザ・シティ」をテーマに、イベントオリジナル映像やARアトラクションなどのコンテンツがいっぱい。ラストを飾る巨大なピングーのオブジェは記念写真にもぴったりだ。
会場限定グッズが揃うグッズショップ「ピングーマルシェ」もピングー好きには見逃せない。夏休みの思い出に家族で楽しめる「40周年記念 ピングー展」は松屋銀座8Fイベントスクエアにて9月2日まで。新型コロナウイルスの感染対策として入場は日時指定制(事前予約制)となる。
>>次ページはキュートな「40周年記念 ピングー展」ギャラリー
「40周年記念 ピングー展」
【期間】8月12日(水)〜9月2日(水)
【時間】10〜20時(入場は閉場の30分前まで)※8月16日(日)、23日(日)は19時30分、24日(月)、9月2日(水)は17時まで。また、開場時間が変更となる場合があります
【会場】松屋銀座 8F イベントスクエア

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.