画像: タイの屋台の熱気を感じさせるタイストリートフード バイ クルン・サイアム(六本木)

タイの屋台の熱気を感じさせるタイストリートフード バイ クルン・サイアム(六本木)

【今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵】
おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは...?
長かった梅雨が明けていよいよ夏本番。暑い季節に食べたくなるのが、食欲を増進してくれるスパイシーな料理だろう。そんなグルメ探偵に舞い込んだのは、六本木ヒルズの新しいグルメスポット「フード&ギフト」にオープンした「タイストリートフード バイ クルン・サイアム」の限定メニュー情報。早速、六本木に急行した。
タイ人シェフやスタッフが提供し、現地の味に近い本格タイ料理が人気な「クルン・サイアム六本木店」の姉妹店である同店。限定メニュー「カオソイヘーン」は、タイ北部チェンマイ名物のカレーラーメン「カオソイ」を、ここ数年の食トレンドである汁なし麺にアレンジした夏らしい一品だ。タイの「カオソイヘーン」は具材を炒め合わせた焼きそばのようなものだが、こちらはゆでた麺の上に具材が載って、自分で混ぜ具合を調整しながら食べられるのが特長だという。
もちもちの平打ち麺の上にココナッツミルク入りのタイカレーで鶏肉、キャベツ、卵を炒めたソースが載って、しょうが、赤玉ねぎ、高菜、パクチー、パプリカ、小ねぎが彩り良くトッピングされている。具材と麺をよく混ぜてから、レモン汁とお好みで自家製麻辣を加えていただこう。まろやかなカレーソースがたっぷり絡んだ麺がおいしい! 後からスパイスとしょうが、赤玉ねぎの爽やかな辛みが口いっぱいに広がる。あえて混ぜすぎずに、辛い部分とそうでない部分を交互に楽しむのもいいだろう。
六本木駅から直結した立地のため、近隣の住民やオフィスワーカーにとっては食堂のような存在。全メニューがテイクアウト可能なほか、ランチタイム限定で5種類の弁当も用意する。さらに外出自粛のおうち需要を見越して冷凍食品の通信販売もスタート。湯煎や電子レンジで温めるだけでタイ料理が楽しめるうえ、おいしい食べ方やアレンジレシピの冊子をつけているのも好評だとか。
現地の香辛料やフレッシュハーブを使い、本場の味わいを大切にしている「タイストリートフード バイ クルン・サイアム」。タイの屋台の熱気を感じさせる同店は、蒸し暑い日本の夏にもぴったりだ。
>>次ページはランチタイム限定の弁当や通信販売の冷凍食品も!
タイストリートフード バイ クルン・サイアム「カオソイヘーン」
【住所】東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワーB1F
【営業時間】11〜22時、ランチ11〜15時(L.O. フード21時、ドリンク21時30分)
【電話】03-6447-5225
【URL】 http://www.sscy.co.jp

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.