画像: 元宝塚男役スター・七海ひろき「CanCam」で“エモい”初連載がスタート

元宝塚男役スター・七海ひろき「CanCam」で“エモい”初連載がスタート

元宝塚歌劇団、男役スターの七海ひろきがファッション誌「CanCam」で初の雑誌連載をスタートすることが分かった。
173cmの長身に端正なルックスとクールな雰囲気で人気を博し、ファンからは「かいちゃん」「お兄様」の愛称で親しまれる七海。退団後は舞台に止まらずアーティスト、声優、ラジオパーソナリティとさまざまなフィールドに活躍の場を広げている。
そんな七海が新たに挑戦するのが、ファッション誌「CanCam」での雑誌連載。テーマは「エモーショナルな日常」で、現在の同誌を体現するキーワード「エモい」=「心を揺さぶる、グッと来る」瞬間を、“ときめかせのプロ”である七海の「エモさ」あふれる写真とインタビューで構成するという。
気になる第1回目では「エモーショナルな瞬間」として、夏らしい素材のグレーのスーツを着こなした七海が、背中越しの横顔や歩きながらのさりげない仕草など、どこを切り取っても隙のないスタイリッシュな姿を披露。さらに「私が『感情が動かされるエモいもの』って? そう考えたとき、まず浮かんだのは、私のことをいつも見守ってくださるファンの皆さんの存在でした」という七海が、ファンイベントで涙した感動のエピソードを明かし、連載スタートにかける意気込みやこれまでの自分について、そしてこれからの展望などを幅広く語っている。
七海の新連載は8月21日発売の「CanCam」10月号(小学館)からスタートする。
>>次ページは七海が登場する「CanCam」10月号(小学館)表紙

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.