画像: 若き日の武尊らが研鑽を積んだ大会が復活。未来のK-1王者たちが熱闘展開【Krush-EX】

若き日の武尊らが研鑽を積んだ大会が復活。未来のK-1王者たちが熱闘展開【Krush-EX】

7試合中3試合がKO決着
武尊ら後のK-1、Krush王者らが若き日に研鑽を積んだ大会「Krush-EX」が2014年12月以来、5年8カ月ぶりに復活。その第1弾となる「Krush-EX 2020 vol.1」が8月22日、東京・GENスポーツパレスで開催された。
今大会ではキャリアの浅い選手やデビュー戦を迎える選手、初めてK-1ジャパングループに参戦する選手が出場。全7試合が組まれた。
第5試合に出場予定だった神田賢吾(WSRフェアテックス幕張)が減量中に脱水状態となったためドクターストップで、水津空良(優弥道場)が不戦勝。この日は6試合が行われ、3試合がKO決着。判定の3試合も激しい攻防を展開してのもので将来のK-1、Krush王者を目指すにふさわしい内容の試合が続いた。
メインではK-1ジャパングループ初参戦となる壬生狼一輝(力道場静岡)が倉田永輝(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)を判定で破った。
メインでK-1ジャパングループ初参戦の壬生狼一輝が判定勝ち
壬生狼はプロキャリア6戦6勝(2KO)のキャリアを誇り、九州で開催されているキックのイベント「大和」のバンタム級王座を獲得したこともある選手。出場予定だった鈴木力也(K-1ジム総本部チームペガサス)のケガにより急きょの出場となったが、倉田との激しい打ち合いを制し、判定勝ちを収めた。
試合は1Rから壬生狼がアグレッシブに仕掛ける展開に。倉田も壬生狼の打ち終わりにカウンターのパンチやキックを合わせ、一進一退の攻防となるが、2Rから壬生狼は右ローと左ボディーを軸に攻撃を組み立て徐々に試合の主導権を握る。壬生狼はセコンドの指示もしっかり遂行。最後まで手数も衰えず、3-0の判定で勝利を収めた。
目黒翔太がバチバチの殴り合いで判定勝利
セミファイナルでは「格闘代理戦争」にピーター・アーツ率いる「ピーターズ」で出場した目黒翔太(優弥道場)と勇治(K-1ジム総本部チームペガサス)が対戦した。
勇治はK-1ジャパングループでは2試合を行い2敗ではあるが、プロ戦績は9戦 5勝(2KO) 4敗で「格闘技」「音楽」「映像」の融合をテーマとした格闘技イベント「TRIBELATE」でライト級とスーパー・ライト級王座を獲得というキャリアを持つ。
試合は1Rからともに一歩も引かない展開となったが、2Rに目黒が打ち合いから先制のダウンを奪う。後がない勇治は3Rはほぼノンストップの打ち合いに臨むと目黒も応じ客席は大きく沸いた。
2Rのダウンがものをいい判定ではジャッジ2人が29-28で目黒を支持したが、1人は28-28のイーブン。勇治が意地を見せた試合となった。
しのが3つのダウンを奪い逆転KO勝ち
第2試合と第4試合ではK-1ジャパングループ初参戦のしの(KSG)と羽鳥仁(ポンムエタイジム)がKO勝ちを収めた。
しのは秋山勝也(ポゴナ・クラブジム)と対戦。1Rは秋山がプレッシャーをかけて前に出ては右ロー、ミドル、パンチの連打と一気に攻め込んでいく。しのは勢いに押されてスリップダウン。秋山は右ミドルに左フック、飛びヒザと一気呵成に攻め込み、ラウンド終盤、飛びヒザから右ストレートを打ち抜き先制のダウンを奪う。
秋山は2Rに入ると1Rの勢いそのままに攻め込んでいくがそこに落とし穴が...。しのが打ち合いの中で左フックで秋山のアゴを捕らえ反撃のダウンを奪う。
すぐに立ち上がった秋山だったが、その後の打ち合いの中でしのが立て続けに左フックで2度のダウンを奪い、逆転KO勝ちを収めた。
羽鳥は田勢に1RKO勝ち
羽鳥は田勢ジャイル(パラエストラ栃木)と対戦。1R序盤からプレッシャーをかけて前に出てはハンドスピードの速いパンチの連打で田勢を追い込んでいく羽鳥。田勢も応じて激しく打ち合うが、羽鳥が右フックで最初のダウンを奪う。
立ち上がった田勢に羽鳥はなおもパンチの連打で追撃。田勢は右ストレートでぐらつく場面もあったが、足を使ってなんとか持ちこたえる。しかし最後はロープに詰めた羽鳥がバックスピンキックをボディーに打ち込んでからのパンチの連打。田勢はうずくまるように2度目のダウン。羽鳥がKO勝ちを収めた。
「Krush-EX 2020 vol.1」(8月22日、東京・GENスポーツパレス)
◆第1試合 Krushフェザー級/3分3R
●啓斗(team ALL-WIN)(2R2分22秒、KO) 井上咲也(K-1ジム大宮チームレオン)○
◆ 第2試合 Krushスーパー・バンタム級/3分3R
○しの(KSG)(2R2分21秒、KO)秋山勝也(ポゴナ・クラブジム)●
◆ 第3試合 Krushスーパー・ライト級/3分3R
○川島康佑(HALEO TOP TEAM)(判定3-0=30-28、30-288、30-27)井上修一 (K-1ジム川口TEAM SIRIUS)●
◆ 第4試合 Krushライト級/3分3R
○羽鳥 仁(ポンムエタイジム)(1R2分39秒、KO)田勢ジャイル(パラエストラ栃木)●
◆ 第5試合 Krushフェザー級/3分3R
○水津空良(優弥道場)(不戦勝)神田賢吾(WSRフェアテックス幕張)●
◆ 第6試合 Krushスーパー・フェザー級/3分3R
○目黒翔大(優弥道場)(判定2-0=29-28、28-28、29-28) 勇治(K-1ジム総本部チームペガサス)●
◆ 第7試合 -54kg契約/3分3R
●倉田永輝(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定0-3=29-30、29-30、29-30)壬生狼一輝(力道場静岡)○

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.