亀梨和也が22年春に放送・配信の「連続ドラマW 正体」(WOWOWプライムなど)に主演、脱獄する死刑囚を演じることがわかった。

 染井為人による同名の傑作サスペンスを映像化するもの。ある夫婦の殺人容疑者として逮捕され、死刑を宣告された主人公・鏑木慶一は移送中に脱獄。逃走するなかで潜伏先で出会った人たちを窮地から救っていく。彼が指名手配中の死刑囚だと気づいた時に、救われた人たちは彼は本当に殺人犯なのかと疑問を抱き始めて……。 

 亀梨は本作でドラマWに初出演。「ドラマだけれど、一本一本、映画的な現場の進み方、撮り方で。本当に一枚一枚重ねているという感じではあるので、ちゃんと重みを感じてもらえるものになるんじゃないかと思います」とコメント。「鏑木慶一とはいったい何者なのか。彼の“正体”、このタイトルの意味を考えながらドラマを楽しんでいただけたらうれしい 」とやる気だ。

 本作では、映画『事故物件 恐い間取り』で組んだ中田秀夫監督との再タッグ。「こうしてまた早い段階でご一緒できるということがとても光栄で、非常に楽しみ」と亀梨。「現場では中田監督とすごくスムーズに意思疎通できているので、初めましてじゃない強みっていうのはすごく感じています。 おこがましいかもしれませんが、中田監督とは信頼関係があると感じているので、僕も魂を全開にしていられるというのは、すごく居心地の良い現場だなと思っています」と話している。

 中田監督は、亀梨について、「主人公の鏑木が「正体」を隠す=見た目だけでなく、設定に合わせて、話し方や「性格」までも劇的に変化させていくのを、チャレンジしがいのあると楽しみにされているように感じます」。また、主人公が逃亡しながら姿を変えていくことに触れ、「それぞれの「変装」の高い質を追求し、各キャラクターをリアルに掘り下げて、「確かにいるな、こういう人」と 視聴者の方々に納得していただく努力を亀梨さんと共にしたいと思います。その奥に「鏑木」のヒューマンな「正体」が ゆっくりと、でも鮮明に浮かび上がってくるような作品を目指したいと思います」と意気込んでいる。

 共演者は今後発表される。

This article is a sponsored article by
''.