公開日は2022年5月13日

「TSUBURAYA CONVENTION 2021 SPECIAL PROGRAM」が12月13日、都内で開催され、円谷プロダクションの今後のラインアップが発表された。

 この「TSUBURAYA CONVENTION」(通称ツブコン)は、2019年にスタートした円谷プロ史上最大の祭典で、当時2年に1度の頻度で開催する予定であることが発表されていたが、冒頭、ウルトラマン、ウルトラマンティガ、ウルトラマントリガーたちに続いて登壇した円谷プロダクションの塚越隆行代表取締役会長兼CEOは「本来であれば今年、第2回の開催予定でしたが、コロナ禍で断念しました」と説明。この秋に予定されていたリアルイベントは開催中止となり、日本国内ではTSUBURAYA IMAGINATION、海外ではULTRAMAN CONNECTIONというプラットフォームを通じて「2019年に開催したオープニングセレモニーにあたるもの」として、「円谷プロの今後の活動についてファンにいち早く伝えたいという思い」での開催となったことが塚越会長から語られた。

 その後、2022年以降に展開する国内外での企画が多数発表されたのだが、2年前と同様やはり今回も目玉は“あの作品”についての続報だ。現在放送中のTVシリーズ『ウルトラマントリガー』の劇場版の情報から幕を開け、数々のラインナップが紹介された本イベントの最後を締め括る形で、第1回目のツブコンで話題をさらったもののコロナ禍で公開日未定のままになっている『シン・ウルトラマン』の樋口真嗣監督、主演の斎藤工が登場した。

 冒頭に流れた特報はすでにおなじみの映像だったが、最後に【2022年5月13日(金)】という公開表記が新たに加わっており、これを受けて斎藤は「2019年にも発表して、その間にパンデミックだったりいろいろあったんですけど、本日こうやって公開日を発表できることをうれしく思います」と挨拶。それを受けて樋口監督も「“またこの特報かよ” というものを見せられて、なんとなくみんなスルーしてたら、一番最後だけ日付が入っているんです」と、情報がなかなかアップデートされない本作に対するファン心理を代弁しつつ「この日までにやれ!と突きつけられた感じです」と覚悟を語る。公開に向けての心境を聞かれた斎藤が「僕は本当に気長に待っているんですけど、監督は多分その間いろんな作業がさらにあるのかな」と目を向けると、樋口は「多くの会う人、会う人に同情されるんです。コロナのせいで、いろんな映画がそうなっていたからだと思うのですが、“塩漬け”って言うんですか?(この映画も)完成しているのに公開できない映画っていう枠に入れられちゃってるんですけど、それは大きな誤解であると、ここに申し上げたい!なぜかという理由はこれからご説明しますが、”まだできてません!まだまだ、作ってます! これが。やってもやっても、終わらないんです!」と、現時点で映画が未完成であることを告白。「5月13日までに完成させなきゃいけないっていう、今、これ以上やるなっていう(状態で)、できればここから逃げ出したい……」と感情を吐露すると、斎藤や司会のショーン・ニコルスも苦笑いで「頑張ってください」と励まし始める。

その後、今年1月に発表された、3つのアイテムが並んだティザービジュアルについて言及されると、樋口は「1月ですか! 11カ月、これだけで本当に申し訳ない! 真ん中にある棒みたいなのが、“困った時に使うといい棒” なんですけど。意外と便利です」と最初はごまかしながら話していたが「言ってもいいことと悪いことがあるのですが、名前を言っていいらしいので」と注釈を入れたうえで「ベーターカプセル」です、と、初代ウルトラマン・ハヤタ隊員の変身アイテムとの同名称をさらりと明かす。そして「隣にあるぐちゃぐちゃしているのはヒモですね」と2つ目のアイテムもやはり濁す樋口に斎藤が「ドッグタグ的なもの」と補足すると、樋口から「カミナガシンジ(神永新二)って書いてあるんですけど、これは斎藤さんの役名」と、これまで“ウルトラマンになる男”とだけ発表されていた主人公のフルネームが発表される。しかしアイテム自体は何のドッグタグであるかは解禁不可なのだという。そして3つ目のアイテムについては「胸につけてるマーク」と、初代ウルトラマンの1メロの歌い出しのように説明しこの3つは「言ってしまえば“神永新二なりきりセット”」であるといい、これらアイテムのディテールに関しては「まあ、多分、全部思った通りのことだと思います」と説明。斎藤も「この部分は唯一くらいOKになりまして」と情報解禁の統制の厳しさをのぞかせつつ「新二という、特殊な、監督のお名前も真嗣ですが、僕は意味のある名前だと思っていますので。やっと僕もウルトラマンになる男から脱せるというか人格を持って、名前を名乗れるようになって少し楽になります」と語った。斎藤の言う“意味”についてはこれ以上の言及はなかったものの、初代ウルトラマンであるハヤタ隊員の名前が「進(シン)」であることに繋がりがあるのかは気になるところだ。また本作の企画・脚本を務める庵野秀明の代表作のひとつ「エヴァンゲリオン」シリーズの主人公の名も樋口真嗣監督からとった“シンジ”であったことも連想させる。

 その後、特報の第二弾が解禁された。たった18秒の続報だったが、流れたのは初代ウルトラマンの必殺技であるスペシウム光線を放っていると思われる映像。腕を十字にクロスさせたポーズと光線の正体について聞かれた樋口は、ステージの真ん中に置かれた、同じポージングのスタチューを指し「コイツが最初からいたら、全然驚きがない」と、イベントの絵作りにツッコミを入れつつ、「見ての通り」だと説明。斎藤は「(特報を)見たのは初めてです。18秒の映像、“短いな”とは思ったんですけど(笑)そこからさらに出し惜しみなのかな?という感じはしますけど(笑)、18秒からさまざまな情報やヒントをひも解いてくれる方もたくさんいるんじゃないかと思うので。かなり大きなヒントになるんじゃないかと思います」と語った。

 続いてスペシャルゲストとしてウルトラマン初代スーツアクターの古谷敏が登場。「55年経ちました。僕を含めて、現場では汗と涙と血と……。改めて見ますと、ウルトラ愛の強いスタッフさんやキャストさんがいっぱいいました。今度の『シン・ウルトラマン』もそういう、愛と、夢と、希望を持たせてくれる作品になっていると、思います! 心からうれしく思います、ありがとうございます」と樋口、斎藤への敬意を表する。しかし特報の第二弾を見た感想は「秒数が少なくてチラッと見て全然分からなかった」。その後、初代ウルトラマンの独特なスペシウム光線ポーズの秘話を聞かれるも「それを話し始めると1時間も2時間もかかってしまう」として「必然的にこういうポーズになった」とまとめた。

 イベントの最後には観客へのメッセージが語られた。樋口は「お待たせして申し訳ありませんが、お待たせした甲斐のあるものに多分……、まあ、なるべく頑張っております。今日もこうしている間も多くのCGスタッフや、仕上げに関わる多くのスタッフが働いております。このままでいくと年末年始がなくなる……お餅どうしようか、そんな話がそろそろ出始めております。それでも作り続けなくてはならない。5月13日、みなさんに見ていただくため。そのために私も心を鬼にして頑張りたい。私が、頑張れば、頑張るほど、皆さんが苦しむ。分かっているけどやめられないのが、この仕事の罪深いところでございます」と心情を吐露。斎藤は「2年前、たしか樋口監督と、【21年公開】というプラカードを持った記憶があるのですが、そこからさらにパンデミックを経て進化しつづけている『シン・ウルトラマン』。俳優部としては、なかなか関われることはないのですが、僕のなかでも、この作品に関してはクランクアップして終わりでなく、どこかずっと共存しつづけている感覚があります。それが来年5月に皆さんにお届けできること光栄に思っています」と語る。また、それぞれから、同じステージに立つ古谷をはじめとする初代ウルトラマンを作った制作者たちへの敬意が語られた。「僕ら、古谷さんの素晴らしいお仕事を見て育ってきた以上は、次の世代に同じような“被害者”を生み出しつづけなければいけない……感謝しております」(樋口)、「初代ウルトラマンという、歴史を作って、創造してくださった皆さんへの大いなるリスペクトをこめた現場でしたし、そういった作品になると思います、今の時代に必要になる映画と思いますので、もうしばしお待ちいただければと思います」(斎藤)。

This article is a sponsored article by
''.