今年で28年目を迎える「チャリティ・キッズ・ベースボールスクール2021」

 今季限りで7年間指揮したプロ野球・福岡ソフトバンクホークスを退任した工藤公康氏らが講師を務める野球教室「チャリティ・キッズ・ベースボールスクール2021」が19日、東京・明治神宮外苑室内球技場で開催された。主催は二十一世紀倶楽部、夢の課外授業実行委員会。

画像: 工藤氏と子どもたちが対決!発泡スチロールの球を使って投球の指導をする工藤公康氏(撮影:蔦野裕)

工藤氏と子どもたちが対決!発泡スチロールの球を使って投球の指導をする工藤公康氏(撮影:蔦野裕)

 この野球教室は21世紀における人材づくりを目的に、1987年に設立された団体「二十一世紀倶楽部」の会員である工藤氏の「野球を通じ、次世代を担う子どもたちの人材育成に貢献したい」という思いから始まったもの。工藤氏が現役選手だった1994年にスタートし、今年で28年目を迎える「ライフワーク」だが、昨年は新型コロナウイルスの感染拡大によりオンラインで開催。今年は感染者数が下げ止まっていることから、2年ぶりのリアル開催となった。

画像: 開会の挨拶をする工藤氏と講師陣

開会の挨拶をする工藤氏と講師陣

 それでも感染予防のため、参加チームは例年の半分の6チーム。基本的にマスク着用での実施となった。そんな不自由さなど何のそのという元気一杯の野球少年・少女たち約60人を前に、工藤氏は開会にあたり「今日は皆さんと楽しく野球をしたい。今回教えてくれる先生たちは、小さい頃にたくさん努力したからプロ野球選手として活躍できた。そんなプロの技術を一つでも多く吸収して欲しい」と挨拶した。

画像: 元プロ野球選手が目の前でお手本を披露

元プロ野球選手が目の前でお手本を披露

 例年、工藤氏と交流のある現役選手やコーチ・元コーチが駆けつけ指導するが、今年はコロナ禍ということもあり現役選手の参加は断念。その代わり元読売巨人軍選手の高田誠氏、十川孝富氏、隠善智也氏、織田淳哉氏が参加。全体でのキャッチボールの後、捕手・内野手・外野手の守備ポジション別に、子どもたちを手取り足取り指導。投手部門は工藤氏が直々に指導した。

画像: 子どもたちは熱心に話に耳を傾けていた

子どもたちは熱心に話に耳を傾けていた

練習の後は、工藤氏がマウンドに上がり、各チームの代表者1人と対決。打者がヒットを打つか、工藤氏が1アウトを取るかの勝負が繰り広げられた。子どもたち相手とはいえ、その美しいピッチングフォームは名投手といわれた現役時代を彷彿とさせた。

 最後は、抽選会が行われ、サインボールやグラブなど一足早いクリスマスプレゼントに、子どもたちからは思わず笑顔がこぼれた。

画像: ソフトバットを使って正しい投球フォームを身につける練習

ソフトバットを使って正しい投球フォームを身につける練習

 閉会の挨拶で工藤氏は「こうして野球ができるのもお父さんお母さん、コーチや監督の皆さんのおかげ。それに感謝し、思いっきり野球を楽しむことが恩返し。ぜひ大きな夢を持って、その夢を実現させるために頑張って欲しい。いつか君たちが大人になって会う日があったら、今日の思い出話をしましょう」とエールを送った。

 閉会後の本紙の取材に対して工藤氏は、「久しぶりに子どもたちの顔を見ながら指導できて嬉しい。こちらも元気をもらえた。子どもたちの未来のためにという思いで現役時代から続けているが、プロ野球界の未来のためでもある。実際、この教室から現役のプロ野球選手も出ている。少しでも役に立てていると思うと嬉しいし、だからこそ、これからも続けていきたい」と、この野球教室の意義と抱負を語った。
(取材・文:いからしひろき)

This article is a sponsored article by
''.